乳酸菌」タグアーカイブ

乳酸菌飲料 の おすすめ 便秘 の改善 腸内環境を整えるために飲んでみたいもの

腸内環境を整える、便秘を改善するための 乳酸菌飲料 に関する情報です。腸の中の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを保ち、免疫力を高めて病気になりにくい体をつくる。そして、 乳酸菌 のチカラで便通も整えましょう。

乳酸菌飲料 ってどんなもの?

ヨーグルトは健康にいいから毎日食べている、という人はたくさんいると思います。

乳酸菌飲料 と ヨーグルト ( はっ酵乳 )の違いは、牛乳の無脂乳固形分の割合です。ヨーグルトが8% 以上なのに対して、3% 以上のものが「 乳製品乳酸菌飲料 」、そして3% 未満のものが「 乳酸菌飲料 」とされています。また、乳酸菌数の基準は、1ml あたりに、乳製品乳酸菌飲料が 1,000 万個以上、乳酸菌飲料が 100 万個以上です。

乳酸菌飲料 といっても種類はたくさんあります。ヤクルトやカルピスなどの乳酸菌飲料は広く知られていると思いますが、皆さんはどんなものを思い浮かべるでしょうか。

乳脂肪分の少なめな乳酸菌入り飲料なら、ヨーグルトが苦手な人にもおすすめです。CM がオンエアされていて知られているものもありますが、それでは、その乳酸菌入り飲料をいくつか紹介していきます。

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

乳酸菌 を継続的に摂取して腸内環境を整え、 便秘を改善する

私たちの 腸内フローラ ( 腸の中にすむ細菌たちの生態系 )は、成長に伴い、食事や生活環境などによって変化していきます。ですから、同じ乳酸菌飲料を摂取したとしても、すべての人に同じように効果があるわけではありません。そして、いくら身体にいいからといっても、毎日大量に飲めばいいということではないのです。乳酸菌飲料の効果が現れるのには少なくとも2週間くらいはかかるということなので、毎日続けて飲むということを考えると、大事なことは「 続けやすさ 」です。
味、おいしさは重要なポイントです。

腸内環境を整えることで便秘などが起こりにくくなって、身体の中の老廃物が排出されやすくなります。そして、老廃物が腸の中に溜まるとさまざまな不調が現れます。大きな病気の原因になるほか、女性の美容の天敵となります。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

腸内環境を改善する 乳酸菌飲料 の紹介

ピルクル / 日清ヨーク
1993 年に発売されたピルクル( 150 億個以上の乳酸菌 NY 1301株 を含む )が、2021 年 4 月に、乳酸菌 NY1301株 400 億個以上を含む ピルクル 400 としてリニューアルされています。乳酸菌が増え、さらに腸内環境を改善するトクホ(特定保健用食品)です。「クリティカルヒーット!!」のフレーズの CM が印象的です。
ヤクルト400 W / ヤクルト ( 宅配専用 )
生きたまま腸まで届く乳酸菌 シロタ株 ( L.カゼイ YIT 9029 )と、腸内でビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖をダブルで含んだ乳製品乳酸菌飲料です。ダブルの強さでお通じの改善を目指す機能性表示食品です。こちらの ヤクルト400 W は、地域限定の宅配専用品となっています。
植物性乳酸菌 ラブレ  ダブル / カゴメ
ラブレプレーンの従来品の菌数と比べてラブレ菌( KB290 )が3倍配合されています。お通じと腸内環境を改善していく機能性表示食品です。コレステロール・脂肪が0、砂糖・甘味料は不使用でカロリーや糖質が気になる人にもおすすめです。
届く強さの乳酸菌  W( ダブル ) プレミアガセリ菌 CP2305 / アサヒ飲料
カルピスでおなじみのアサヒ飲料の機能性表示食品。ガセリ菌CP2305 株が配合されています。睡眠の質を高めるのに役立つ、腸内環境の改善に役立つ、このダブルの機能をもった乳酸菌飲料です。

乳酸菌サプリメント ならこちら → 善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

プロバイオティクス 腸内環境を改善して人に有益な作用をもたらす生きた乳酸菌

便秘や下痢、腸内環境を改善する プロバイオティクス に関する情報です。

プロバイオティクス おなかの健康を守るとともに体を強くするのを助ける

プロバイオティクス おなかの健康を守るとともに体を強くするのを助ける

人体に有益な効果を与える生きた微生物 を含んだ食品 プロバイオティクス

『 プロバイオティクス 』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? この プロバイオティクス とは、 1989 年にイギリスの学者によって「 腸内フローラのバランスを改善することによって人に有益な作用をもたらす生きた微生物 」と定義され、健康効果が実証された 乳酸菌 のことです。現在では「 十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物 」が世界的な主流となっています。なお、その微生物を含んだ ヨーグルト や 乳酸菌飲料 などの食品自体のことも プロバイオティクス と呼びます。

プロバイオティクス の有益な作用としては、おもに、便秘や下痢を改善する、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす、腸内環境を改善する、免疫力を回復させる、などが挙げられます。 プロバイオティクス を摂取することで、おなかの健康を守るとともに、私たちのからだ本来の力を強くする手助けになると考えられているのです。

腸の健康は、全身の健康に影響してきます。腸を若返らせるには、いかに腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすか、が キーポイント となります。これを効率良く助けるのが、生きた 乳酸菌 をたっぷり含んだ ヨーグルト などです。

大切なのは、その乳酸菌が生きて腸まで届くことで、これを科学的に実証したのが「 プロバイオティクス 」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌です。ただ、乳酸菌やビフィズス菌のすべてが プロバイオティクス というわけではなくて、 プロバイオティクス と呼ばれるには次のような条件を満たす必要があります。

プロバイオティクス と認められる条件

  • 生きたまま腸へ到達できる
  • 食べても安全なことが保証されている
  • もともと人の腸内にすみついていた
  • 腸内に定着して増殖できる
  • 人の健康にいい効果が認められる
  • 食品にして有効な菌数が維持できる
  • 安価であり取り扱いしやすい

プロバイオティクス は、日常的に摂り続けて健康を維持するのが目的なので、手頃な値段であって、処方せんを必要としない食品として利用できることに意味があります。たくさんある中から気になった プロバイオティクス 食品 を購入するときには、厳しい研究による効果が証明された 菌株 が使われている トクホ ( 特定保健用食品 )のマークがついた商品を目安にするといいでしょう。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

腸内細菌のバランスを整える 乳酸菌 のパワーで理想の便をつくろう

腸内細菌のバランスを良くして腸内環境を整える 乳酸菌 に関する情報です。

腸内に 善玉菌 を増やす 乳酸菌 パワーで理想的な便をつくる

近年、私たちの身体への健康にいろいろ効果的であるとして話題となっている 乳酸菌 ですが、乳酸菌の一番の働きは、なんといっても 腸内環境 を整え便秘や下痢を解消することです。

私たちのおなかの中には、大きく分けると、腸内で良い働きをする 善玉菌 と、悪い影響を与えるといわれている悪玉菌、そしてどちらにも属さず優勢なほうに傾くという日和見菌( ひよりみきん )の 3 種類が存在していて、この 3 種類の菌たちは腸内でバランスを保っています。 乳酸菌 は 善玉菌 の中の一種です。

乳酸菌 というのは糖を分解して50 % 以上の乳酸をつくり出す細菌の総称で、乳酸発酵によって、ヨーグルトをはじめとしたさまざまな発酵食品をつくります。チーズ、サワークリーム、発酵バター、味噌、醤油、漬け物などがあり、食品によって使われる 乳酸菌 の種類も違います。この乳酸発酵によって、食べ物は消化・吸収されやすいかたちになります。

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が腸内に入ると、腸内を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる 善玉菌 が増殖しやすい環境をつくります。さらに、 乳酸菌 が腸を刺激して、 蠕動運動 ( ぜんどううんどう )を促進します。腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、便を適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するというわけです。

ヨーグルトの 乳酸菌 は、加熱しても 善玉菌 がすみやすい環境をつくる乳酸や、 善玉菌 のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した 乳酸菌 は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やします。
身近な食品に含まれている 乳酸菌 にも種類はいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトなどを毎日摂取するよう心がけて、まずは快便を目指しましょう。

現在では、乳酸菌自体から便秘や下痢に効果的なサプリメントなどもつくられています。