腸年齢について」カテゴリーアーカイブ

腸年齢 についての大事な項目 腸内環境を整えることが健康の重要なカギ

腸内環境と 腸年齢 に関する情報です。

腸内細菌が健康を左右し 腸年齢 が上がる

腸の中には、大きく分類すると、ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、食べ物や体調によりどちらにも傾いてしまう日和見菌(ひよりみきん)がすんでいます。これらをまとめて腸内細菌といい、この群生を 腸内フローラ (腸内細菌叢=ちょうないさいきんそう)と呼びます。

数え切れないほどの天文学的数のこれらの腸内細菌は、私たちのおなかの中で毎日、種類ごとに勢力争いをしています。 健康な腸内には善玉菌が多くて酸性ですが、悪玉菌が増えてくるとアルカリ性となって、悪玉菌がさらに増殖します。すると、日和見菌は悪玉に傾きだして、 腸内環境 が悪くなるのです。そして、腸内では腐敗が進み、便秘や下痢だけでなく、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。 健康な体づくりは、善玉菌が優勢なきれいな腸の状態にすることから始まるのです。

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸内に善玉菌が多いと腸が若い

みなさんは、『 腸年齢 』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 腸年齢 は腸内細菌のバランスで変わってきます。腸内に善玉菌が多いほど 腸年齢 が若いということになりますが、老けた腸でも、普段の食事や生活習慣で腸を若返らせることができるのです。そして、腸年齢 の若さは、体の中の健康だけでなく、その人の見た目の若さにも関係してきます。実年齢よりも腸年齢が若いと、容姿が若いと感じるだけでなく、気分もアップして元気がでるでしょう。

このページでは、話題の 腸年齢 について紹介しています。チェック項目などもありますので、気になる人は自分の腸がどれくらい若いのか、元気なのかを調べてみましょう。

腸内環境を整えるサプリメント、善玉元気はこちら

腸は体の免疫力を左右する

便秘には、腸内細菌のバランスが深く関係しています。
ひとの大腸には善玉菌と悪玉菌がすんでいて、赤ちゃんの頃は善玉菌であるビフィズス菌が9割以上を占めていて便も酸っぱいにおいがしますが、年齢を重ねるに連れて悪玉菌の比率が高くなります。

そして、実年齢より腸年齢が高い人も珍しくはありません。
便は腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって肛門まで送られますが、この腸の運動が強かったり、逆に弱かったりして便秘になります。

便秘がなぜいけないのかというと、便が腸に長い間たまっているうちに、善玉菌がどんどん減り、悪玉菌が優勢になるからです。

大腸に滞留する時間が長いほど、腸壁から水分が抜けて、ますます便秘になってしまうのです。
便秘になると、なぜ体に悪影響を及ぼすのでしょうか。
悪玉菌が増えると、悪玉菌が出す有害物質により、大腸ガンの原因になります。
また、有害物質が腸内から吸収されると、女性ホルモンのバランスが崩れて乳ガンになるという説もあります。

さらに、花粉症やアトピーをはじめとするアレルギー疾患にも、腸の免疫が関係しているという説が有力になっています。
このように、腸はひとの体の免疫力の多くを左右し、全身の調子をつかさどる器官でもあります。

腸年齢チェック 診断結果 腸内環境悪化 サイン がわかる

さて、腸年齢チェックリストで、あなたはいくつチェックがつきましたか? 腸年齢チェック 診断結果 です。
チェックの数であなたの腸年齢を見てみましょう。
チェックの合計が、

4個以下なら…

ほぼ理想的な腸内環境。実年齢より若い可能性もありますよ。
でも安心せずに、この年齢を保ちましょう。

5~9個なら…

まずまずの腸内環境ですが、実年齢よりはやや高めです。
食習慣に気をつけて腸年齢をアップしましょう。

10~14個なら…

腸内環境はかなり悪化しているようです。実年齢+20歳になっているかもしれません。
乳酸菌などのサプリメントを利用するのも良いでしょう。

15個以上なら…

腸内環境がかなり老化していて、実年齢+30歳程度でしょう。
食習慣を改善し、腸に良いサプリメントなどの力を借りましょう。

腸内環境の悪化(便秘)が続くと身体にあらわれる症状

  • 肌荒れ、吹き出物、肌のくすみ
  • 体臭や口臭が強くなる
  • 肩こりや腰痛、頭痛
  • けん怠感

など、身体に不調が出てきます。
さらに、有害物質が腸から吸収されると発ガンリスクが増大します。
このような症状が、すべて便秘によって起こるわけではありませんが、便秘がちの人は、症状が表れやすいのです。