腸年齢について」カテゴリーアーカイブ

便のチェックで腸の状態を知る

体調によっても腸のコンディションは変化する

腸の状態を最もよくあらわしているのが、便の状態です。
1日1回、朝の排便が理想で、便をチェックするポイントは、色、形、におい、量の4つです。
便秘でも、下剤に頼っているだけではダメ。
あくまでも、自然な排便を促すことが必要です。

理想の便の状態

色は黄褐色で、バナナ2本分くらいの量。バナナ状なら水分量は約70%含まれています。
においが少なく、黄色に近いほど善玉菌が優勢な状態。

良くない便の状態

くさい便

刺激の強い悪臭は、悪玉菌が多い証拠です。
便が腸内に長時間たまっていたり、肉食中心の人がなりやすい。

ゆるゆるの便

泥状や水状は水分90%以上。
黄色、茶色以外の色は要注意です。赤い血便はすぐに医師の診断をうけましょう。

カチカチの便

水分60%以下の便で、コロコロした状態。色やにおいに異常がある場合は、悪玉菌が増加しています。量が少ないのは、食物繊維不足です。

腸年齢をチェックしてみよう

腸の調子が肌に出ますから、肌年齢を若く保つためには、まず自分の腸年齢を知りましょう。
若くきれいな腸とは、粘膜がきれいで、古い便が溜まっていない、しなやかに動く状態の腸です。つまり、便秘や下痢は大敵なのです。

食生活に注意する

食生活では、肉料理が好きで脂質を多くとっている人、味付けの濃い料理が好きな人、塩分が多い外食に偏りがちな人は、注意が必要です。
ほかに、仕事や家事によるストレスなども影響してきます。

腸の状態は毎日変わる

腸内細菌のバランスは十人十色です。そして、食生活や生活環境によっても常に変化します。
このように、腸年齢は一定ではなく毎日変化しているのです。
その変化はまず便に現れるので、毎日便のチェックをしてみましょう。
生活習慣と便、さらに内臓の鏡といわれる舌のチェックをして、今の自分の腸年齢を調べてみましょう。

老けた腸は毒素メーカー

腸の中で悪玉菌が増えると身体に恐ろしい影響があります。毒素が血液の中に入ると、肩がこったり、気分が悪くなったりするほかに、動脈硬化を起こし、血管がつまりやすくなることもあります。吹き出物ができているぐらいではすまされません。

そして、便秘と下痢とを繰り返す大腸の過敏症(過敏性腸症候群)のような、腸そのものの病気にもつながります。

腐敗便の毒素は万病の元となる

慢性的な便秘は悪玉菌の温床となって、腸内を腐敗させます。一気に増えた悪玉菌は腸内に漂っている便を腐敗させ、有毒な物質やガスを発生させるようになります。
有害物質の弊害は腸だけにとどまらず、大腸の粘膜の血管に入り込んで血液を通して全身へ運ばれ、頭痛や肩こり、肌荒れ、口臭といった症状として現れるのです。

また、大腸ガンは腐敗便が溜まりやすい直腸とS状結腸に多発しますが、悪玉菌は、この原因となる物質を発生させます。
一方、善玉菌は炭水化物や食物繊維をエサとして、乳酸や酢酸(さくさん)といった有機酸をつくり、腸内を発酵した状態、酸性にします。すると、悪玉菌の繁殖が抑えられて、人体に有益な物質を生成したり、免疫力を高める働きをしてくれます。

腸に不安がある方は自宅で検査できる大腸ガンのキットがあるので検査してみましょう。

自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

あなたの腸年齢は何歳?

私たちの腸の中で起きていることと肌やカラダとは深い関係があります。そのカギとなるのは腸年齢です。見た目の年齢まで左右する「腸年齢」に注目しましょう。

腸年齢は腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスで決まる

ひとの腸には、およそ100兆個もの細菌が群生していて、それを腸内フローラ(腸内細菌叢=ちょうないさいきんそう)といいます。この腸内フローラを形成する菌には、役に立つ善玉菌、有害な悪玉菌、そしてどちらの味方にもなりえる日和見菌(ひよりみきん)があり、腸年齢は、善玉菌と悪玉菌の割合(バランス)で決まります。
一般的には40~50歳を目安に悪玉菌の割合が多くなりはじめます。つまり、実年齢とともに腸も歳をとっているということですが、近年では、食生活の変化などの影響により、実年齢と腸年齢の差が開いてきているようです。例えば、10代の人でも腸は50代の人と同じくらい悪玉菌の多い状態ということもあります。
若い腸内には善玉菌が多く、悪玉菌の活動をおさえてくれていますが、逆に老けた腸には悪玉菌が多く、善玉菌が負けてしまいます。それが、さまざまな不調を引き起こす要因になっているのですが、そのバランスは人によっても、日によっても違います。

腸年齢簡単チェックはこちらです。