美肌」タグアーカイブ

ラクトフェリン 腸の調子を整えて免疫力をつける

ラクトフェリンは多くの哺乳類の乳に含まれていて、人間の母乳、特に出産後数日の間に多く分泌される初乳に最も多く含まれている、たんぱく質の一種です。

母乳以外にも唾液や涙、鼻水など体内の外分泌液や粘膜液、白血球の一種の好中球に存在し、外部から進入する細菌やウイルスからの防御因子のひとつであると考えられ、健康維持に関わっているさまざまな役割を持つたんぱく質として注目されています。

これまでの研究では、ラクトフェリンに免疫調節作用、整腸作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用などがあることがわかっています。

母乳で育った赤ちゃんは風邪をひかない、などといわれるように、ラクトフェリンは赤ちゃんの健康維持のために必要な成分であると考えられています。生まれたての赤ちゃんは、母乳を飲むことによって免疫力をつけ、病気から身を守ることができますが、私たちが持つ免疫力は、20歳を過ぎると低下する一方です。40歳を過ぎれば体の不調が増え、さまざまな病気にかかるリスクが高くなります。ですから中年期以降は特に、免疫力が低下しないように毎日の食事や生活習慣に気を配ることが大切になります。

私たちの体の免疫力を大きく左右するのは、腸です。腸の調子で全身の調子の良し悪しが決まるといってもよいでしょう。ひとの大腸には善玉菌と悪玉菌がすんでいて、腸内細菌のバランスを整えることが大切です。このバランスが崩れると、便秘になったり下痢になったりもします。

大腸菌やブドウ球菌、ピロリ菌などの病原菌や腐敗菌といった悪玉菌は、増殖するときに鉄を必要とするのですが、ラクトフェリンは悪玉菌から鉄を奪いとり、その生育を抑制します。そして、善玉菌のビフィズス菌を助ける働きがあります。

熱に弱いラクトフェリンは、搾りたての生乳には含まれていますが、加熱処理が行われ店頭に並んでいる市販の牛乳にはほとんど存在しません。また、酸にも弱いため、加熱処理を行っていないナチュラルチーズなどの乳製品を食べても胃酸に負けてしまい、食べ物から摂るというのは現実的ではないのです。

ラクトフェリンは、体を丈夫にしたい、ずっと元気でいたい、お腹をすっきりさせたい人におすすめです。


【SALE】ラクトフェリン 30日分

腸と美肌の関係

腸が老けて悪玉菌が多くなると、肌荒れや吹き出物など肌に影響が出てきます。身体だけでなく肌の不調にもつながります。女性の場合ならとっても気になりストレスの元となります。

腸内フローラで悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく成分が分解されて身体に有害な物質がつくられ、その毒素が腸から吸収されて血中を通じて肝臓へ、肝臓がダメージを受けると全身の代謝がダウンして血行が悪くなり、代謝も悪くなるからです。
また、善玉菌には美肌づくりに欠かせないビタミンB群をつくり出す働きがあるのですが、その活動を悪玉菌が阻害してしまうことも肌荒れの要因のひとつです。

代謝を悪くするだけでなく、大切なビタミンまで奪ってしまう悪玉菌の増加こそ、人の見た目を老けさせる大敵というわけです。
腸の健康が、若々しく、見た目までもキレイにするカギなのです。

老けた腸と肌荒れの様子

1.腸内フローラの菌の変化

 腸の中には100兆個もの細菌が群生していて、フローラ(花畑)のような状態。
 腸内フローラのバランスが良ければ腸は健康だけれど、加齢やストレスで変化しやすい。
    ↓

2.悪玉菌の増加

 不規則な生活、偏った食習慣などで善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になる。
 腸内細菌のバランスが崩れ、便秘や下痢などのトラブルが起こる。
    ↓

3.毒素がつくられ

 悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく質が分解される。
 腸の中で有害物質がつくられていく。
    ↓

4.毒素が血液へ移動する

 有害物質は腸の中にとどまるだけでなく、血液にも送り込まれ、全身に送られていく。
    ↓

5.肝臓が弱る

 血液に含まれた有害物質は、最終的に肝臓へ送り込まれ、働きにダメージを与える。
    ↓

6.全身の代謝が下がり、肌荒れに!

 肝臓が弱ると全身の代謝がダウンし、さらに血行も悪くなる悪循環が起こる。
 肌に最も影響が出て、肌荒れや吹き出物ができやすくなる。
 → 腸年齢について(一覧) はコチラ。