メニュー」タグアーカイブ

便秘を改善するための手作りおやつレシピ

便秘解消に効果的な食品、プルーン、さつまいも、りんご、寒天を使って簡単にできるおやつのレシピを紹介します。
食物繊維が豊富なこれらの食品を使って、自分で作りましょう。
手作りなら、自分で食べるのはもちろんですが、お母さんが子供たちに食べさせるにも安心ですね。
弛緩性便秘、けいれん性便秘、どちらのタイプにも効果のあるおやつで、おいしく楽しく便秘解消しましょう。

プルーンの赤ワイン煮

プルーンの簡単おやつ
■ワインで煮ると食物繊維が柔らかくなり保存もきく。
 

スイートポテトのミニカップ

さつまいもの簡単おやつ
■けいれん性便秘の人は、きな粉やココアを入れて。
 

りんごのシロップ煮 ヨーグルトがけ

りんごの簡単おやつ
■とっても簡単、りんごのデザート。
 

ブラマンジェのフルーツシロップ

寒天の簡単おやつ
■ミルクを寒天でゆるめに固めるのがコツ。  

便秘を改善するための食物繊維たっぷり一品レシピ

便秘に苦しんでいるみなさん、薬やサプリメントに頼りがちですが、それよりもできるだけ食事で便秘を改善するようにしましょう。
このページでは、便秘解消に欠かすことのできない食物繊維をたっぷり含んだ野菜などを使った、一品メニューを紹介しています。

皮を一緒に食べると食物繊維がたくさん摂れる

かぼちゃのチーズ焼き
 

ごぼうと牛乳を使って便秘対策

ごぼうのクリームスープ
 

主成分は白い液体で便通に効果的なヤラピン

さつまいものサラダ
 

腸のお掃除こんにゃくと野菜がたっぷり

こんにゃくカレー

こんにゃくカレー

お肉の代わりこんにゃくを使ったカレーは、便秘解消のための優等生メニュー。
腸をキレイにしてくれるこんにゃくと野菜をたっぷり食べましょう。

こんにゃくは、水溶性の食物繊維。主成分のマンナンは保水力に優れていて、便のかさを増やし、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促します。
穏やかな作用なので、腸がけいれんするけいれん性便秘や過敏性腸症候群の人にも良い食品です。

こんにゃくカレー レシピ

材料(4人分)

 ・こんにゃく…..1枚
 ・じゃがいも…..3個
 ・たまねぎ……1個
 ・にんじん……1本
 ・セロリ(スライス)…..1/2束
 ・サラダ油……大さじ1
 ・にんにく、しょうが…..各1かけ
 ・(A)固形スープ1個、水4カップ
 ・りんご(すりおろし)…..1個分
 ・カレーのルウ(市販品130g)…1箱
 ・ウスターソース……大さじ1

作り方

1.こんにゃくを塩もみして洗い、両面に斜め格子に切り込みを入れひとくち大に切る。
2.じゃがいもの皮をむき、1個を4つに切る。
  たまねぎはくし形切り、にんじんは乱切りにする。
3.フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにしたにんにくとしょうが、セロリを炒める。
  こんにゃく、野菜の順に加えて炒めていく。
4.野菜がやわらかくなったら鍋に(A)を入れ、すりおろしたりんごを加える。
  火を止めてカレールウを割り入れて溶かす。
  少し煮込んで、ウスターソースを加える。

白菜とチンゲン菜のエビあんかけ

けいれん性便秘を解消するための、腸にやさしい食物繊維たっぷりのおかずです。
野菜を柔らかくゆでてあんをかけた、白菜とチンゲン菜のエビあんかけのレシピを紹介します。
腸が敏感になっているけいれん性便秘には、腸を刺激しない食品選びや料理法を心がけましょう。辛味、酸味の強いものは避け、味付けは、薄味にするのがポイントです。

■ 材料(2人分)
 ・白菜 ……….. 大2枚(200g)
 ・チンゲン菜 ……. 2株(200g)
   下ゆで用 (塩、サラダ油各少々)
 ・エビあん ……. 白キクラゲ(またはキクラゲ)6g、ブラックタイガー 6尾、    
            サラダ油小さじ2、中華スープの素 少々、
            酒 大さじ1と1/3、塩、こしょう 各少々、
            水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/2・水小さじ2)

■ 作り方
1. ブラックタイガーは殻をむき、背わたを取り、粗く刻む。
  白キクラゲは水で洗い、ぬるま湯に30分ほど浸して戻す。
  水気をしぼり、粗みじんに切りにする。
2. 白菜とチンゲン菜は、それぞれ葉と茎に切り分ける。
  葉はざく切りに、茎は1cm幅にする。
3.鍋にお湯を沸かし、白菜とチンゲン菜を入れ、塩、サラダ油を加える。
  柔らかくゆだったら、ザルに上げて水気をよくきる。
4.エビあんを作る。鍋に油を熱し、キクラゲとエビをサッと炒める。
  中華スープの素、水をひたひたに加え、5分ほど弱火で煮る。
  酒、塩、こしょうで調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける。
5.器に白菜とチンゲン菜を盛りつけ、エビあんをかける。

ブロッコリーと鶏肉のヨーグルトサラダ

けいれん性便秘を解消するための、腸の調子を整えるおかずです。
薄味をつけたヨーグルトをたっぷりかけて食べる、ブロッコリーと鶏肉のヨーグルトサラダのレシピを紹介します。
プレーンヨーグルトには生きた乳酸菌が含まれています。腸に到達する前に大半は死滅しますが、乳酸菌の死骸は善玉菌のエサになり、腸内細菌のバランスに貢献します。

■ 材料(2人分)
 ・ブロッコリー …….. 2/3個(200g)
 ・下ゆで用の塩少々
 ・鶏むね肉 ……….. 小1枚(140g)
 ・下味用の塩、こしょう各少々、白ワイン(大さじ2)
 ・ヨーグルトソース … プレーンヨーグルト(1カップ)
             レモン汁(小さじ1)
             サラダ油(大さじ1と1/3)
             塩、こしょう各少々

■ 作り方
1. ブロッコリーを小房に分ける。
  塩を加えたお湯で柔らかく茹で、ザルに上げて冷ます。
2. 鶏肉に、塩とこしょうで下味をつける。
  お皿にのせてワインを振る。
  ラップをして、電子レンジの強で4~5分加熱したら冷ます。
3. ソースの材料をよく混ぜる。
4. 器にブロッコリーと鶏肉を合わせて盛り、ソースをかける。