オリゴ糖」タグアーカイブ

ヨーグルトのトッピング、甘味にはオリゴ糖がおすすめ

プレーンヨーグルトのトッピングで整腸効果や抗酸化力をアップする

ヨーグルトプラストッピングで、腸内環境をととのえて便秘をすっきり解消しましょう。

ハチミツ

濃縮された糖が大腸菌の増殖を抑え、グルコン酸がビフィズス菌を増やします。ミネラル吸収を高める効果もあります。マイルドな味になり、ヨーグルトの酸味が苦手な人におすすめです。

オリゴ糖

ビフィズス菌のエサとなり、腸内で善玉菌を増やすことが実証されていて、高い整腸効果が期待できます。甘味料として、シロップや顆粒タイプのものが市販されています。

ゴマ

ビタミンEや強い抗酸化作用をもつセサミンなどの相互作用で、細胞の老化を防ぎます。内臓の機能を高め、冷え性改善にも効果があります。

ココア

1週間ほどの摂取で、ヨーグルト並みの整腸作用を発揮します。ポリフェノールの抗酸化作用も強く、血液をサラサラにしてくれます。

抹茶

お茶に含まれているカテキンは抗酸化力が強く、ダイエット効果もあります。乳製品の臭みを緩和してくれるという利点もあります。

きな粉

大豆たんぱくがコレステロールや中性脂肪を排出します。イソフラボンには、強力な抗酸化力があります。オリゴ糖、食物繊維が豊富で、整腸効果も大きいです。

アーモンド

食物繊維のほか、良質の脂質、たんぱく質、ビタミンEやB群を含んでいます。脂肪の90%以上が不飽和脂肪酸でそのうちの70%がオレイン酸という優れものです。
ダイエットに効果的なナッツ&ドライフルーツはこちらが参考になります。

オリゴ糖で善玉菌を増やして腸内環境を改善

オリゴ糖は、善玉菌の大好物。腸内環境を改善するには、食物繊維や乳酸菌に加えて、オリゴ糖も一緒に摂ると効果的です。せっかくヨーグルトが腸にいいことがわかっていてもヨーグルトの独特の「酸っぱさ」に慣れなくて続けて食べるのが不安な人は、オリゴ糖を使えば、おいしく毎日続けることができます。

甘味料として使われるオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。間接的に善玉菌を増やす「プレバイオティクス」食品と呼ばれます。オリゴ糖は、食べるとほとんどが吸収されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。悪玉菌には影響がなく、腸内は、善玉菌が優勢になるのです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、血糖値を急上昇させないし、カロリーは砂糖の半分だから太りにくく、生活習慣病が気になる人にも大丈夫。ただし、甘味は少ないので、砂糖に近づけるためにほかの糖質を含む商品もあります。腸内環境を整える目的なら、ほかの糖質が入っていてもオリゴ糖を必要量とれば効果は得られます。腸内環境の改善に加えて、血糖値が気になる人は、ほかの糖質を含まないものを選ぶと良いでしょう。

整腸効果を期待できる目安は、オリゴ糖のみの場合の量で、1日に1g~4gとなります。
そして、オリゴ糖の効果を高めるには、プレーンヨーグルトにトッピングして一緒に食べると腸内環境がより改善されます。ヨーグルトとオリゴ糖の最強タッグで、便秘を解消しましょう。

ヨーグルトを毎日食べて腸内善玉菌を保つ

おなかの調子を整えるサプリメント(一覧)

便通を整えたり、腹部膨満感、軟便や便秘にも効果的なサプリメントを紹介します。 乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維など、おなかの調子を整えサポートしてくれるサプリメントは、下剤ではないので、おなかが痛くならないのが特徴です。
おなかにすんでいる腸内細菌のバランスを整えて、腸を元気に、健康にしましょう。

腸の調子を整えるサプリメント おすすめ

善玉元気 腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス
短鎖脂肪酸を主成分とした乳酸菌発酵エキスが含まれた、スティックゼリータイプのサプリメント『善玉元気』。もともと自分の腸の中に棲んでいる善玉菌を守りながら育てます。


カスピ海ヨーグルトの乳酸菌サプリメント「善玉菌のチカラ」
カスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌を生きた状態でフリーズドライして粉末化し、カプセルに詰めた自然のサプリメントです。 生きて大腸まで届く乳酸菌カプセル「善玉菌のチカラ」で腸内環境を整えしましょう。


「スーパー乳酸菌&オリゴ糖」
ビール酵母などの食物エキスがたっぷりな培地で培養した、乳酸菌を配合したサプリメント。 乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂ることで、腸内の善玉菌を増やし整腸作用が期待できます。


「ゼリージュース・イサゴール」 トクホ
食物繊維(サイリウム)たっぷりで、おなかの調子を整えるトクホのサプリメント。野菜不足が気になる人、コレステロールが気になる人にもおすすめの粉末タイプのゼリージュースです。


おなかの調子を整える「ウィズオプレ」
トクホのドリンクタイプのサプリメント、マスカット風味の微炭酸飲料です。天然のガラクトオリゴ糖を配合し、腸内のビフィズス菌や乳酸菌を増やしておなかの調子を整えます。


トクホの水「キレアウォーター」
「キレアウォーター」は、実験で効果が確認されたトクホの水、特定保健用食品です。 北アルプスの天然水と富山の海洋深層水に、乳果オリゴ糖を配合しています。


乳酸菌生成エキス ラクティス
ラクティスは、腸内の腐敗菌を減らして、乳酸菌を元気にして増やします。 16種類の乳酸菌を豆乳で培養した乳酸菌サプリメントです。


快調乳糖
善玉菌の栄養となる乳糖(ラクトース)を主成分として、ビフィズス菌、ハトムギ、ビタミンCなどを配合した快調乳糖。飲みやすいヨーグルト味です。


「飲んでチョーキレイ」
キダチアロエなどの9種類のハーブに凝縮乳酸菌と酵母醗酵米(プロファイバー)を配合した、おなかスッキリのためのサプリメント。腸をきれいして健康的な生活をサポート。


「ラクシュミ ラブレファイバー顆粒」
植物性乳酸菌「ラブレ菌」とビフィズス菌、食物繊維、6種の野菜を配合した健康補助食品。 夜寝る前に飲んで翌朝スッキリ!
腸内環境を整えましょう。


「健康ケフィア」
ケフィアは乳酸菌と酵母を複合発酵させた発酵乳の一種。「健康ケフィア」は、その発酵成分をフリーズドライにして、カプセルに詰めたサプリメントです。


「シェリール」植物酵素で腸をキレイに
植物酵素、ビフィズス菌、サイリウムなどを配合したサプリメント。 便秘に悩む人、健康な腸内環境を守りたい人、ダイエットしたい人におすすめです。


「ラクシュミ」スッキリおなかの強い味方
食物繊維(サイリウム)、ビフィズス菌、シャンピニオンを配合したサプリメント。 体を毎日洗うように、腸の中もいつもキレイに保ちましょう。


「マルチ・プロバイオティック 4000」
腸内環境を整える乳酸菌を含んだ、お通じやおなかの張りに悩む人におすすめのサプリメント。 7種類・合計およそ40億個もの善玉菌をフリーズドライ加工して、腸に届いてから溶けるマイクロカプセルに詰めました。

オリゴ糖を毎日摂って腸の健康を保つ

オリゴ糖は腸の調子を整えるのに役立つ甘味料として知られています。砂糖の仲間だけれど、オリゴ糖のエネルギーはなんと砂糖の半分くらいしかありません。消化吸収されにくいことから、血糖値の上昇を抑える作用もあるのです。こういった利点から、砂糖を使うときにはオリゴ糖を代わりに使うと良いです。

私たちの腸の中では、定住する住処を互いに奪うため善玉菌と悪玉菌が常に戦っています。善玉菌の勢力が強くなると、乳酸や酢酸が生成されて腸内が酸性の環境になるので悪玉菌が定着しにくくなります。そして悪玉菌が優勢になれば、逆に善玉菌が定着しにくくなり、腸内が汚れて老化も早まります。さらに、有害物質によって、大腸ガンや生活習慣病などにかかる可能性が高くなります。ですから、腸内を善玉菌が優勢な環境にすることが大切なのです。

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物で、大腸にたどり着くとビフィズス菌のえさとなって善玉菌を大量に増やします。ウェルシュ菌やブドウ球菌といった悪玉菌にとっては必要ではなく、オリゴ糖の摂取を続けると悪玉菌が減り善玉菌が増えていきます。

 

オリゴ糖は毎日摂ることが大切

悪玉菌の多くは大腸に届いた食べ物のカスや腸管から出る分泌物などをえさにして生きていますが、善玉菌は乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖のようなえさが不足すると減少してしまいます。そこで、善玉菌を増やし続けるには、善玉菌が好むこのような栄養を、意識して毎日続けて摂ることが大切になります。

オリゴ糖は熱に強いも性質なので、例えば煮物など料理の味付けにも使うと、少量でも毎日摂取することができます。低カロリーだから毎日のコーヒーやお茶の加糖に最適だし、ヨーグルトに入れて食べれば善玉菌がさらに喜びます。調味料として使えば無理なく自然に続けることができるので、常備しておきたいものです。

市販されているオリゴ糖には液状タイプや顆粒タイプがあり、種類によって少し甘みに違いがあります。また、一度にたくさん摂りすぎるとおなかが緩くなることがありますからパッケージの表示に従いましょう。

ヨーグルトの甘味にはオリゴ糖がおすすめ

オリゴ糖は、善玉菌の大好物。
腸内環境を改善するには、食物繊維や乳酸菌に加えて、オリゴ糖も一緒に摂ると効果的です。

せっかくヨーグルトが腸にいいことがわかっていてもヨーグルトの独特の「酸っぱさ」に慣れなくて食べるのをやめてしまう人が多いようです。オリゴ糖を使えば、おいしく毎日続けることができます。

善玉菌を増やして腸内環境を改善

甘味料として使われるオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。間接的に善玉菌を増やす「プレバイオティクス」食品と呼ばれます。
オリゴ糖は、食べるとほとんどが吸収されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。悪玉菌には影響がなく、腸内は、善玉菌が優勢になるのです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、血糖値を急上昇させないし、カロリーは砂糖の半分だから太りにくく、生活習慣病が気になる人にも大丈夫。
ただし、甘味は少ないので、砂糖に近づけるために、ほかの糖質を含む商品もあります。
腸内環境を整える目的なら、ほかの糖質が入っていてもオリゴ糖を必要量とれば効果は確実です。腸内環境の改善に加えて、血糖値が気になる人は、ほかの糖質を含まないものを選ぶと良いでしょう。
整腸効果を期待できる目安は、オリゴ糖のみの場合の量で、1日に1g~4gとなります。
そして、オリゴ糖の効果を高めるには、プレーンヨーグルトにトッピングして一緒に食べると腸内環境がより改善されます。
ヨーグルトとオリゴ糖の最強タッグで、便秘を解消しましょう。
ヨーグルトに甘味を入れるならオリゴ糖を