腸を元気にするリズムを作るピークは朝

「体内リズム」という言葉はご存じでしょうか。体内リズムとは、体内時計であり、自律神経と深い関係性があります。

それは脳のさまざまな働きと連動しているのです。その体内リズムの一環ではありますが、「腸リズム」と呼ばれる1日の腸の動きもあります。腸には、活発に動いている時、またはクールダウンしている時など、時間帯によってリズムがあるのです。

その腸リズムを知ることは、食事やトイレのタイミング、時間帯によって食べていいもの、よくないものなど、腸のケアを考えるのに役立ちます。

まず朝。1日のうちで腸が最も活発に動くのは、起床時の時間帯です。朝、目が覚めたばかりの状態では、副交感神経が優位になっています。腸は、副交感神経が優位になっているときにもっとも活発に働き、腸の嬬動運動が活発化します。このときに胃に食べ物や水分が入ると、腸の下行結腸からS状結腸が強い収縮運動を起こす「大蠕動」が始まります。

この大蠕動が起こると、結腸内に溜まっていた便が直腸に移動して、それが脳に伝わることで便惹が起こり、スムーズに排便できるのです。大煽動は、1日に2~3回起きますが、朝の大蠕動が一番強いのです。この大嬬動のピーク時に排便を促すのが、腸を健康に保つための第一歩です。

しかし朝食を抜くと、せっかく排便モードに入っている腸リズムを乱すことになってしまいます。このリズムが乱れると、大嬬動が起こりにくくなり、便秘になる方が多いのです。また腸リズムには、自律神経が関与していますが、自律神経のバランスは、免疫力も変動させることが知られています。

免疫力を高めるのは、腸がリラックスしている副交感神経優位のときです。このときに白血球中のリンパ球が増加して免疫機能が上がります。

一方、腸を緊張させる交感神経は、白血球中のリンパ球を減少させ、免疫力を下げてしまいます。しかし常に副交感神経優位がいいわけではありません。体内リズムは、交感神経と副交感神経がバランスを保って動かしています。その体内リズムに合わせた生活習慣を実行することがベストなのです。腸リズムのペースを知って活用することは、実は長寿への近道なのです。

腸リズムを意識することで、腸の健康が促され、さらに免疫力を高めることができるのです。腸の働きに合わせた無理のない1日を過ごせるのは、腸のとって大切なことではないでしょうか。

朝食をしっかり食べているのに便秘がちな人はゴボウ茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください