過敏性腸症候群」タグアーカイブ

過敏性腸症候群(IBS)

日常生活に大きな支障をきたす

過敏性腸症候群(IBS)は便秘、下痢などの便通異常を慢性的に繰り返す病気です。腹痛や下腹に常に不快感があり、突然腹痛とともに激しい便通が襲ってくるのが特徴です。
通勤途中にあわててトイレに駆け込んだり、大事な商談中にトイレに行きたくなってしまったり…と大変です。学生さんであれば、試験中にお腹が痛くなったりします。
繰り返される症状のために、トイレの場所、トイレに行ける時間などを詳しく把握している人も少なくありません。排便してしまうとスッキリするのが過敏性腸症候群(IBS)の特徴でもあります。
スッキリするといっても、いつまた腹痛が襲ってくるのかわからないために、常に不安や恐怖でストレスは高まるばかりです。食べることにも抵抗を感じ、食欲不振などに陥るケースもあります。

症状には下痢型、便秘型、混合型の3タイプがあります。一般的に男性は、下痢型が多く、便秘型は女性に多いと報告されています。

病院に行かない(行けない)人が多い

日本にはおよそ1200万人もの過敏性腸症候群(IBS)の患者がいると推定されてますが、消化管の病気でももっとも頻度が高い病気です。年齢別では、10代~30代の女性に多くみられます。病気だとは思わずに過ごしている人も多く、調査の正確性には欠ける部分も否めません。この過敏性腸症候群(IBS)を放置したからといって命に関わるわけではありませんが、腹痛、下痢、便秘などの不快な症状が続くのは、強いストレスになります。

過敏性腸症候群(IBS)のはっきりとした原因は不明ですが、原因として「ストレス」があげられています。なんらかのストレスが引き金となって脳からの刺激が腸に伝わり、胃に食べ物が入らなくても結腸反射が起こり直腸に便が運ばれ便意をもよおしてしまうのです。いわゆるストレスによる条件反射です。便が十分に固まる前に直腸に運ばれるため下痢になるのです。

便秘や下痢を病気と思わずに市販の薬などで対処している人が多くみられます。普段よくある症状でも、長く続く場合には病気の可能性も考えて早めに医療機関にかかったほうがよいでしょう。
女性の場合、恥ずかしさのあまり受診しない(できない)人が多いのが問題です。そして、一時的に市販薬などで抑えられてもまた繰り返す場合には、ストレスがさらに大きくなります。ストレスを解消するには、日常生活の中でリラックスする時間をもつことも大切です。
腹式呼吸がリラックス効果を高めます。

過敏性腸症候群関連

ストレスによる便秘

下痢も便秘のひとつの症状?

食べ物とともに胃に入ってきた水分は小腸や大腸で吸収され、そのおかげで便は適度に硬くなります。ところが、何らかの原因で水分が吸収されにくくなると、便の水分量が増えてしまいます。これが下痢です。

便秘で苦しんでいる人からすれば、「たとえ下痢でも、ちゃんとお通じがあるんだからうらやましい・・・」なんて思うかもしれませんが、この下痢も、実は便秘と表裏一体のことがあるのです。

若い女性にも増えている過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)は、出勤途中やオフィスで、何度も便意を催してトイレに駆け込むというものです。
ストレスの多い現代社会のなか、過敏性腸症候群の患者は、年々増加しているといわれます。
下痢をしたり、便秘が続いたり、あるいは、この両方を繰り返したりする症状があります。
腸の検査をしても特になにも異常は見つからないため、「ストレス」が腸の運動を高め、進行させて起きるのだろうといわれています。
これはれっきとした病気なので、専門医の診断を受け、投薬や精神療法を行う必要があります。
ストレスで胃が痛くなるというのはよくある話ですが、こんなふうに、ストレスはお通じまで狂わせてしまうのです。