腸年齢」タグアーカイブ

腸と美肌の関係

腸が老けて悪玉菌が多くなると、肌荒れや吹き出物など肌に影響が出てきます。身体だけでなく肌の不調にもつながります。女性の場合ならとっても気になりストレスの元となります。

腸内フローラで悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく成分が分解されて身体に有害な物質がつくられ、その毒素が腸から吸収されて血中を通じて肝臓へ、肝臓がダメージを受けると全身の代謝がダウンして血行が悪くなり、代謝も悪くなるからです。
また、善玉菌には美肌づくりに欠かせないビタミンB群をつくり出す働きがあるのですが、その活動を悪玉菌が阻害してしまうことも肌荒れの要因のひとつです。

代謝を悪くするだけでなく、大切なビタミンまで奪ってしまう悪玉菌の増加こそ、人の見た目を老けさせる大敵というわけです。
腸の健康が、若々しく、見た目までもキレイにするカギなのです。

老けた腸と肌荒れの様子

1.腸内フローラの菌の変化

 腸の中には100兆個もの細菌が群生していて、フローラ(花畑)のような状態。
 腸内フローラのバランスが良ければ腸は健康だけれど、加齢やストレスで変化しやすい。
    ↓

2.悪玉菌の増加

 不規則な生活、偏った食習慣などで善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になる。
 腸内細菌のバランスが崩れ、便秘や下痢などのトラブルが起こる。
    ↓

3.毒素がつくられ

 悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく質が分解される。
 腸の中で有害物質がつくられていく。
    ↓

4.毒素が血液へ移動する

 有害物質は腸の中にとどまるだけでなく、血液にも送り込まれ、全身に送られていく。
    ↓

5.肝臓が弱る

 血液に含まれた有害物質は、最終的に肝臓へ送り込まれ、働きにダメージを与える。
    ↓

6.全身の代謝が下がり、肌荒れに!

 肝臓が弱ると全身の代謝がダウンし、さらに血行も悪くなる悪循環が起こる。
 肌に最も影響が出て、肌荒れや吹き出物ができやすくなる。
 → 腸年齢について(一覧) はコチラ。

腸年齢で重要な8項目

腸内細菌が健康を左右する

腸の中には、大きく分類すると、ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、食べ物や体調によりどちらにも傾いてしまう日和見菌(ひよりみきん)がすんでいます。
数え切れないほどの天文学的数のこれら3種類の細菌が、私たちのおなかの中で毎日、種類ごとに勢力争いをしています。 健康な腸内には善玉菌が多くて酸性ですが、悪玉菌が増えてくるとアルカリ性となって、悪玉菌がさらに増殖します。すると、日和見菌は悪玉に傾きだして、腸内環境が悪くなるのです。
そして、腸内では腐敗が進み、便秘や下痢だけでなく、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。 健康な体づくりは、善玉菌が優勢なきれいな腸の状態にすることから始まるのです。
みなさんは、『腸年齢』という言葉を聞いたことがありますか? このページでは、腸年齢について紹介しています。チェック項目などもありますので、自分の腸がどれくらい若いのか、元気なのかを調べてみましょう。