腸内フローラ」タグアーカイブ

やせる 腸内フローラ 食事 の基本は和食

やせる 腸内フローラ 食事 の基本は和食にすることがあげられます。やせる腸内フローラをつくるにはそこに棲む細菌の数を増やすことがとても大切です。そのために必要なことは腸内細菌の数を増やすことです。やせる細菌の種類が増えやすい食事について紹介します。

やせる 腸内フローラ 食事

やせる 腸内フローラ 食事

やせる 腸内フローラ 食事

まず、やせ体質にするには、腸内細菌の数を増やすことです。やせる細菌の種類が増えやすい食事が第一条件です。

腸内細菌の総数を増やすと腸内フローラがよくなる

やせられる 腸内フローラ を育てるためには、まず、腸内細菌の数を増やすことが大切です。総数を増やすことで、自然と、腸内細菌の理想のバランス、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の各グループが2:7:1 のバランスに近づけると考えられています。腸内環境のためには悪玉菌も必要です。

食事で総数を増やすことを考えましょう。そのためには、腸内細菌の種類を増やすことです。そして、種類を増やすためには、さまざまな食品をとることが大切です。

単品メニューの食事が多い沖縄県で肥満が増えた

それが実現しやすいのは、和食を中心とした献立です。朝食だけを和食にかえると和食なら一度の食事で幅広い種類の食品をとることができます。

一方、全国でも肥満の人が多い県として知られる沖縄県と、肥満の人が少ない長野県(厚生労働省「国民健康・栄養調査」による)では、食事の内容が異なることがわかりました。

かつて、沖縄県では豊かな豚食文化があり、野菜の摂取も豊富で、男女ともに長寿を誇っていたのですが、ハンバーガーだけ、丼ものだけのような単品メニューの食事が普及するようになって以降、平均寿命が短くなり、肥満の人が増えました。

反対に、野菜を中心に多種の食品をとっている長野県では、肥満の人が少ないうえ、平均寿命も全国1位の座に輝いているのです。

腸内細菌の数を増やして、やせる 腸内フローラ をつくるために、普段から実行したい大切なポイント6つを以下にまとめました。5の、生で食品をとることも意識してみましょう。生食をすることによって、食品に付着した菌が腸内フローラを活性化することが期待できます。

また、同じ食品でも生で食べたはうがカロリーを摂取しづらく、太りにくいのです。さらに、動物性脂肪は悪玉菌グループを増やすので、6 のポイントも忘れずに。

やせる 腸内フローラ をつくるための6つのポイント

  1. 和食を意識して多種類の食品をとる
  2. 善玉菌が利用しやすい発酵食品をとる
  3. 野菜(特に根菜)などから食物繊維をたくさんとる
  4. 善玉菌のえさとなるオリゴ糖をたっぷり摂る
  5. ときには魚介類などを生食する。
  6. 動物性脂肪を控える

和食のメリット

  • 煮物、おひたし、和え物などさまざまな調理法で季節の野菜が摂取できる。
  • 旬の果物がとりやすい
  • 焼き海苔、佃煮などで海藻類が摂れる
  • 魚をメインにした料理にしやすい
  • 発酵食品のみそ汁で豆腐などの大豆加工食品が摂れる
  • 肉などの動物性脂肪を減らしやすい

洋食のデメリット

  • 野菜を使ったバリエーションが少ない
  • 動物性脂肪が多くなりがち
  • 料理の種類が少なく食材の種類が偏りやすい
  • 発酵食品が摂りにくい
  • 海の幸が摂りにくい
  • 乳製品(発酵食品)を摂りやすいのは洋食のメリット

和食にするのが難しい人は フローラ 善玉元気

腸に効く食事

腸年齢 についての大事な項目 腸内環境を整えることが健康の重要なカギ

腸内環境と 腸年齢 に関する情報です。

腸内細菌が健康を左右し 腸年齢 が上がる

腸の中には、大きく分類すると、ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、食べ物や体調によりどちらにも傾いてしまう日和見菌(ひよりみきん)がすんでいます。これらをまとめて腸内細菌といい、この群生を 腸内フローラ (腸内細菌叢=ちょうないさいきんそう)と呼びます。

数え切れないほどの天文学的数のこれらの腸内細菌は、私たちのおなかの中で毎日、種類ごとに勢力争いをしています。 健康な腸内には善玉菌が多くて酸性ですが、悪玉菌が増えてくるとアルカリ性となって、悪玉菌がさらに増殖します。すると、日和見菌は悪玉に傾きだして、 腸内環境 が悪くなるのです。そして、腸内では腐敗が進み、便秘や下痢だけでなく、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。 健康な体づくりは、善玉菌が優勢なきれいな腸の状態にすることから始まるのです。

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸内に善玉菌が多いと腸が若い

みなさんは、『 腸年齢 』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 腸年齢 は腸内細菌のバランスで変わってきます。腸内に善玉菌が多いほど 腸年齢 が若いということになりますが、老けた腸でも、普段の食事や生活習慣で腸を若返らせることができるのです。そして、腸年齢 の若さは、体の中の健康だけでなく、その人の見た目の若さにも関係してきます。実年齢よりも腸年齢が若いと、容姿が若いと感じるだけでなく、気分もアップして元気がでるでしょう。

このページでは、話題の 腸年齢 について紹介しています。チェック項目などもありますので、気になる人は自分の腸がどれくらい若いのか、元気なのかを調べてみましょう。

腸内環境を整えるサプリメント、善玉元気はこちら

急増している 糖尿病 腸内フローラ に働きかける薬で改善

急増している 糖尿病 腸内フローラ に働きかける薬で改善する情報です。

腸内細菌が出す物質 フローラ健康科学研究所 善玉元気 のように 腸内環境を整える短鎖脂肪酸 の力は、病気の治療にも活かされはじめています。

ターゲットは生活習慣病の代表格、 糖尿病 です。2017 年の調査では、糖尿病患者数は前回の調査( 2014 年)から 123,000 人も増えて、過去最多の3,289,000人になりました。 2017 年というと 4 年前の調査ですから、現在ではもっと増えていると考えられます。

糖尿病 腸内フローラ に働きかける薬で改善

糖尿病 腸内フローラ に働きかける薬で改善

糖尿病 は、血糖値のコントロールがうまくいかなくなり、次第に全身の血管が傷つけられていく病気です。特に細い血管である毛細血管が多い腎臓はダメージを受けやすく、老廃物を濾し出す機能が失われると、人工透析をおこなう必要があり、このため病院に通う生活となります。大抵の人が、1 日おきに 3 ~ 5 時間かけて機械によって血液を浄化しなければいけないのです。また、目の網膜の血管が破れて失明したり、足が壊死して切断を余儀なくされることもあり、最終的には命に関わる事態につながっていきます。

健康診断で血糖値がひっかかったこともないし、太ってもいないし、自分は大丈夫! … そんなふうに思っているあなたも、油断はできません。初期の糖尿病は、一般的な健康診断では発見できないケースが多いのです。糖尿病と共に急増している、いわゆる 糖尿病予備群 の可能性があります。
最新の研究では、 糖尿病予備群 になっただけでも、がんや認知症になるリスクが大幅に上がることもわかってきました。若い世代での糖尿病患者が増えているという報告もあり、誰にとっても、糖尿病は他人事ではありません。

糖尿病の最大の原因とされているのが 肥満 です。脂肪細胞が肥大化すると、血液中にさまざまな有害物質を出し、血糖値をコントロールする体の機能を壊してしまうことが知られており、肥満を改善することは糖尿病治療の基本とされています。

そこで、天然のやせ薬 である 「 短鎖脂肪酸 」 の出番となります。この 短鎖脂肪酸 は、私たちの腸内でつくられる物質で、健康な体を維持するために重要な働きをしているものです。さまざまな研究から、糖尿病患者の 腸内フローラ では、 短鎖脂肪酸 の生産力が落ちていることがわかってきました。

「 短鎖脂肪酸 」 の生産力を復活させ、肥満を改善すれば、糖尿病も治せるのではないか? と、多くの医師や製薬会社が研究に乗り出しています。そして、ついにその成果が出はじめたというのです。

人間に効く薬から  腸内フローラ に効く薬が糖尿病を治す時代

2014 年、アメリカのあるベンチャー企業が開発した糖尿病の新薬が、臨床試験で成功を収めました。まだ小規模な試験であったにも関わらず、 科学雑誌『ネイチャー』 で紹介されるなど、世界で大きな話題となりました。それは、その新薬が「人間に効く薬」 ではなく、「腸内フローラに効く薬」だったからです。マイクロバイオーム という言葉があり、これは人体にすむ細菌全体を指しますが、腸内細菌の数が圧倒的に多いため、欧米では、 腸内フローラ とほぼ同義に使われることもあります。

天然のやせ薬 としての効果だけでなく、なんと、糖尿病を直接的に改善する効果もあるのです。短鎖脂肪酸 には、腸の細胞を刺激して インクレチン と呼ばれるホルモンを分泌させる力があります。 インクレチン には、すい臓に働きかけてインスリンの分泌を促す効果があり、糖尿病治療薬としても使われている物質です。

この新薬によって、 腸内フローラ での 短鎖脂肪酸 の生産量が増加し、 インクレチン が出やすくなり、インスリンの分泌も活発になったと考えられます。もちろん、長期的には 短鎖脂肪酸 の「やせ薬効果」も効いて、肥満が改善していく可能性はじゅうぶんにあり、そうなれば糖尿病はさらに良くなっていくと予想されます。

このように 腸内フローラ の研究が 糖尿病 の治療に革命をもたらすと考えてられています。医学の進歩によって、糖尿病は適切な治療さえ受ければ進行をかなり遅らせることができるようになってきました。しかし、糖尿病の克服にはまだ至らない状況です。新しい薬はどんどん開発されていますが、副作用は伴うものです。その点、腸内細菌をターゲットにした今回の薬は、すべて食品成分を原料としていることから副作用の心配が少なく、安心して処方できる体に優しい薬だと期待されています。この薬ならば、本格的な糖尿病になる前の予備群の人にも気軽に飲んでもらうことができ、予防にも大きな役割を果たすことになると期待が寄せられているのです。

腸内細菌に働きかけるという、まったく新しい治療のアプローチが見つかったことは素晴らしいことです。近い将来、腸内細菌をターゲットにした治療は、現在の治療法に並ぶ大きな役割を果たすことになるでしょう。腸内細菌を治療に活かすことで、人類が糖尿病を克服する日が近いのかもしれません。

善玉元気 フローラ 健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス