マグネシウム」タグアーカイブ

3Aマグネシア お腹が痛くなりにくいマグネシウム便秘薬

3Aマグネシア(スリーエー・マグネシア)は、酸化マグネシウムが主成分で塩類下剤といわれる、お腹にやさしいマグネシウム便秘薬です。便秘薬をのむとお腹が痛くなるという人におすすめ。
マグネシウム便秘薬なら、お腹が痛くなる心配がありません。

便秘になる原因は様々ですが、腸内の水分が不足していることは共通しています。
「3Aマグネシア」は、保水力の高い活性酸化マグネシウムの作用で、体内の水分を腸に集め、便をやわらかくして排便を促します。
腸への刺激が少なくお腹が痛くなりにくい便秘薬だから、5歳以上の子供から服用できます。
腸に溜まった宿便や頑固な便秘を改善していきましょう。

こちらもお腹にやさしいマグネシウム便秘薬 → 3Aアクアマグ(スリーエー・アクアマグ)

服用のしかた

1日1回就寝前にコップ1杯の水で服用します。ただし、初回は年齢に準ずる用量の最小量から始めて、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量していきます。
使用上の注意をよく読みましょう。

効能・効果

  • 便秘
  • 便秘に伴う次の症状の緩和
  • 頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔

成分・分量

成人1日量(最大で6錠)中に、酸化マグネシウム…2000mg、ほか添加物。

 ▼ 3Aマグネシア(スリーエー・マグネシア) 360錠 の詳細、購入はコチラ。

にがり マグネシウムが便意を促す 現代人が不足しがちなミネラル

主成分のマグネシウムが便秘に効果的

にがりは海水から塩をつくる過程で得られる副産物で、濃縮した海水から塩をとりだした後に残る苦味のある液体。
健康への効果で代表的なものは便秘解消です。

にがりには、塩化マグネシウムのほか、海水に含まれる塩化ナトリウムや塩化カルシウム、亜鉛、鉄、リンなどといった多くのミネラルが含まれています。

主成分のマグネシウムが腸のぜん動運動を活発にして便意を促します。また、便に水分を補って排泄しやすいよう軟らかくします。
股、最近では、糖尿病の血糖コントロールがうまくいかない人たちにもこのマグネシウムが効果的であることがわかってきました。大学でも研究が行われています。
マグネシウムたっぷりの食事で糖尿病になるリスクが50%近く改善する
マグネシウムは、インスリンの分泌量を増やし働きもよくなる働きがあります。

摂りすぎには注意が必要

にがりが便秘に効果的なのは、マグネシウムが便秘薬として使われていることからもわかります。
しかし、たくさん摂りすぎると下痢の症状を起こすことがあるので、妊娠中の人などは特に注意が必要です。
摂取の目安は、マグネシウム量で1日に70mgくらいがよいといわれています。
市販のものだと種類によってマグネシウムの含有量が違うので、便通の様子をみながら摂取量を調整しましょう。
飲用には、一滴ずつ落ちるタイプのものだと量の調整が便利です。にがり独特の苦味がにがてな人は、味噌汁やスープなど味のある料理に使うと気になりにくいです。マグネシウムが含まれていることに気づかない人もいます。
 → 現代人が必要とするミネラル「カルシウム」「マグネシウム」

3Aアクアマグ(スリーエー・アクアマグ) お腹にやさしいマグネシウム便秘薬

3Aアクアマグ(スリーエー・アクアマグ)は、活性酸化マグネシウムが主成分のマグネシウム便秘薬です。
〔活性酸化マグネシウム〕は保水力の高い酸化マグネシウムで、腸に水を集めて便を軟らかくし、排便を促します。
いつも便秘がちな人や腸の働きが良くない人におすすめです。

保水力の高い酸化マグネシウムは、腸の中の残留便に穏やかに作用します。
そして、すみやかに排泄して便秘を改善していきます。
腸を刺激しないからお腹にやさしく、飲み続けてもクセになりにくいのが特徴です。

非刺激性の便秘薬だから、お年寄りや子供(5歳以上から)も服用できます。

服用のしかた

1日1回、就寝前にコップ一杯の水で服用します。初めての時は最小量(15歳以上の場合で3錠)にしておき、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量または減量していきましょう。
※ 乳幼児(5歳未満)は服用してはいけません。

効能・効果

  • 便秘
  • 便秘に伴う次の症状の緩和
     〔頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔 〕

 ▼ 3Aアクアマグ(スリーエー・アクアマグ) 150錠入り の詳細、購入はこちら。

こちらもマグネシウムの便秘薬 → 「3Aマグネシア」お腹が痛くなりにくい便秘薬 です。効き目が強すぎてしまった場合にこちらを使うのもオススメです。