便秘解消のためのお茶」カテゴリーアーカイブ

完全国産の有機JAS認定品!「こだま食品 有機高原のごぼう茶」

こだま食品さんの『有機高原のごぼう茶』を紹介します。この有機高原のごぼう茶は、こだま食品さんの自社農場で有機栽培された、広島県産の有機ごぼうだけを使ってつくられています。農薬を一切使わない、安全・安心のオーガニックごぼう茶です。

やっぱり国産、農薬ゼロのお茶よね!

ごぼう茶

ごぼう茶

ごぼうで毎日スッキリしたい

ごぼうというと、私は、食物繊維がとても豊富でおなかにいい!というイメージがあります。でも、調理がちょっと面倒だったりするので、わが家の食卓にはあまりごぼうのメニューは登場しません。ところが、最近はおなかの調子が良くないこともあって、本当はごぼうの栄養を摂りたいと思っています。皆さんは、普段の食事でごぼうを食べていますか?

ごぼうは、中国では食用ではなく、古くから漢方薬に使用されています。解毒、発汗や利尿作用に優れていて、体の老廃物を取り除く効果があります。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、ごぼうにはどちらの食物繊維も含まれています。これらが整腸作用を発揮して便通を良くしたり、コレステロールの排出を促すので動脈硬化の予防にも効果的だといわれています。

国産の有機ごぼうだけだから、安心!

自分や家族が口にするものは国産を選びたいと考える人もいるでしょうが、私たちは知らないうちに輸入食品を口にしています。近年では多くの食品に中国産がありますが、ごぼうも例に漏れず、輸入されてくるものの90%以上が中国産ごぼうだといわれています。加工品などに多く使われているので注意が必要です。
そのてん、こだま食品さんの有機高原のごぼう茶に使われているのは自社農場で栽培された広島県産ごぼうだけなので安心です。

古くから健康によい野菜として知られているごぼうですが、ごぼうに含まれている栄養成分には、食物繊維をはじめ、ビタミン、カリウム、ポリフェノールなどがあります。こだま食品さんの農場で育ったごぼうには、特にポリフェノールの含有量が豊富です。

こだま食品のごぼう茶が選ばれる理由

  • おいしさへのこだわり、野菜の栽培に適した土地でごぼうを育てる
    こだま食品の自社農場は、広島県の山間部、世羅郡世羅町の標高500メートルの世羅台地にあります。朝晩の寒暖差が大きいため、野菜の栽培に適した土地です。その周辺には森から湧き出た澄んだ水が流れ、台地を潤しています。おいしさにこだわり、豊かでありながら厳しい自然環境がおいしい野菜を育てるのに最適な世羅台地に自社農場を作ったのです。

  • 有機栽培へのこだわり、農薬ゼロ、化学肥料ゼロ、除草剤も使用しない
    おいしいごぼう茶の栽培は土づくりから始まります。有機栽培とは、2年以上農薬を一切使っていない土地を耕し、化学肥料も一切使わない栽培方法です。除草剤も使わないので雑草がどんどん生え、それを人の手で丁寧に取り除いています。使用した肥料や機械、作業工程をすべて記録し、年1回の審査を受けます。そして、この審査に合格したものだけが「有機JAS」認証を受けるのです。

  • オーガニックマーク、「有機JAS」認証工場での徹底管理
    農場近くのこだま食品の自社工場もまた、厳しい審査に合格し、「有機JAS」認証を受けています。収穫に最も適したタイミングまで育ったごぼうは、土の付いた新鮮な状態で工場に運ばれ、加工されます。一元管理されているので、最良の時期に収穫から加工までをおこなえるのです。さらに、工場内では厳しい品質検査のための自社基準を定め、徹底管理されています。

農薬ゼロのごぼうを皮までまるごと使って焙煎した、香ばしくておいしいごぼう茶です。ごぼうの栄養をまるごと手軽に摂れます。
しかも、ノンカフェインだから子供からお年寄りまで安心して飲めます。




「毎日すっきり!」「やっぱり安心」喜びの声続々!秘密のごぼう茶はこちら

便秘解消のためのお茶(一覧)

お茶には、カテキン、食物繊維、ビタミンなどが豊富に含まれていて、利尿作用があります。体から毒素を排出するのを助けてくれるので便秘解消も期待できます。

食物繊維には、体内に溜まった有害ミネラルを排出する機能があり、便秘の改善、解消には不可欠なものです。
カテキンは腸内環境を整えて血液をサラサラにし、お茶に含まれるビタミンCは、いちごのおよそ3倍ともいわれていて、美肌にも効果があります。

昔の人は、ナズナやヒルガオなど便秘に効くといわれている山野草を、自分で煎じて飲んでいたそうです。現在では、いろんな成分の入ったお茶が、ティーバッグなどで手軽に飲めるようになりました。

センナや杜仲茶などは人気がありますが、人によって効果はそれぞれなので、いろいろ飲み比べて自分に合うお茶をみつけましょう。 便秘対策に水分をとることはとても大切なことなので、お茶を楽しみながら上手に水分を補給したいですね。

便秘解消・美肌・ダイエットと、女性には特にうれしい優れた効果をもつお茶を探してみました。

こだま食品 有機高原のごぼう茶
有機高原のごぼう茶は、国産100パーセント。こだま食品さんの自社農場で有機栽培された、広島県産の有機ごぼうだけを使ってつくられています。農薬を一切使わない、安全・安心のオーガニックごぼう茶です。

シモン茶
シモン茶は、シモン芋(白さつま芋)の葉や茎などを煎じてつくったお茶です。シモン芋には食物繊維や腸の働きを活発にするマグネシウムも豊富に含まれていて、便秘の改善、ダイエットに効果があります。

大豊の碁石茶
漬け物のように漬け込んで発酵させた、乳酸菌とカテキンが豊富な珍しいお茶。からだが喜ぶすっぱいお茶で、毎日お通じスッキリ、便秘を解消しましょう。

日田天領水 食物繊維入りのお茶 (トクホ)
トクホ(特定保健用食品)として認められたお茶で、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)がおなかの調子を整えます。緑茶の苦味、ほうじ茶の香ばしさ、食物繊維のほのかな甘味が調和しています。

ハーバルデトックティーでお腹スッキリ!
食事だけでは摂取しきれない食物繊維を補う素材をバランス良くブレンドしたハーブティー。毎日すっきりしたい人、お腹ぽっこりが気になる人、ダイエット中の人のサポートに!

「ポッコリすっきり茶」ハーブブレンドティー
6種類のハーブと難消化性デキストリン(食物繊維)を配合したブレンドティーです。ラズベリーの香りのするお茶で、便秘解消、ポッコリおなかをすっきり!

「さらり・すらり茶」健康と美容のためのお茶
東洋、日本のハーブ6種類と食塩を配合した健康と美容のためのお茶。「さらり・すらり茶」で、体に余分なものを溜めないように、溜まってしまったらスッキリ排出しましょう。

「ラジュティー」でお通じラクラク
英国で愛飲されている紅茶(アールグレイ)をベースに、西洋のナチュラルハーブを加えたデトックスティー。ラジュティーで、溜まった便を排出し、お通じラクラクに!

「宮皇茶」 毎朝快腸ハーブティー
宮皇茶(きゅうこうちゃ)は、おなかの働きを活発にしてくれるハーブのブレンドティー。便秘、ダイエット、肌荒れなどに悩む女性にうれしい健康茶です。

「スリミストハーブティー」
12種類の天然野草が入った天然植物茶がスッキリ快腸をサポート。 飲み終わったティーバッグではスキンケアまでできちゃいます。

赤黒減茶
赤黒減茶は飲みやすくて便通に良いお茶です。美味しいお茶で腸内をきれいにして、便秘解消しましょう。ダイエットにも!

シモン茶で腸の働きを活発に

「シモン茶」は、シモン芋(白さつま芋)の葉や茎などを煎じてつくったお茶です。
こちらのがばい農園さんのシモン茶は、鹿児島県産の原材料を100%使ってつくられています。

シモンは、ブラジル原産の植物で、白サツマイモの一種です。
生命力がとても強い植物で、サツマイモやジャガイモと比べて圧倒的に豊富な栄養素を含んでいます。
ビタミンKをはじめ、ビタミンEやビタミンA、鉄、カルシウム、食物繊維、葉酸といった栄養素が豊富に含まれています。

このように、シモン芋は、ビタミン類、ミネラルをはじめ、人体に必要なほとんどの栄養素、優れた栄養成分を含んでいるといわれています。
なかでも食物繊維の含有量は特別なのですが、それに加えてヤラピンや水分のチカラで、爽快な朝に期待できそうです。
サツマイモを切ったときににじみ出てくる白い液は〔ヤラピン〕という成分なのですが、これは腸内の善玉菌のエサになります。
シモン芋は、通常のお芋よりもヤラピンを多く含んでいて、腸の働きを活発にしてくれるのです。

食物繊維や腸の働きを活発にする成分が豊富に含まれていて、便秘の改善、ダイエットにも効果的です。

口にするものですから、なるべく安心・安全なものを選びたいところですね。がばい農園さんでは、茶葉だけでなく水にもこだわっています。地下天然水が使用されていて、まろやかで飲みやすいお茶です。

【飲み方】
急須、ティーポットに1包を入れ、沸騰したお湯を注ぎ5分ほど蒸らしてから飲みます。ホットだけでなくアイスでもおいしく飲めます。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー・・・・0kcal
たんぱく質…0g
脂  質…0g
炭水化物…0g
ナトリウム…1mg
食塩相当量…0g

国産 シモン茶

国産 シモン茶

 ▼ シモン茶 (3g×40包入り) の詳細、購入はこちら。

大豊の碁石茶 乳酸発酵の健康茶でおなかスッキリ

土佐の伝統茶「碁石茶」古くからアジアで知られる「植物性乳酸菌」の整腸効果のある不思議なお茶

伝統製法を守り受け継いでいる大豊町碁石茶生産組合の「本場の本物」大豊の碁石茶は、400余年継承されてきた秘伝の製法で精魂こめた60日間の手間と時間をかけた日本有数の微生物発酵茶であり、高知県大豊町のみで生産されています。

高知の健康茶「大豊の碁石茶」に含まれる乳酸菌は、植物性乳酸菌です。乳酸菌というとミルクに含まれる乳糖をイメージしますが、植物に含まれる糖(ブドウ糖や麦芽糖など)
を栄養源にすることできる植物性のタイプの乳酸菌もあります。殺菌効果のカテキンと乳酸菌が豊富な珍しいお茶です。

日本人にとってはこの植物性乳酸菌が体質的に合う人が多いのです。みそ、しょうゆ、漬け物などよく知られた発酵食品の多くに存在して発酵時に作られた酸味や香りによって腐敗を防いだり、おいしくしたりする役割を担っています。
便秘になったときに、腸内環境をヨーグルトで改善することを推奨するケースは多々ありますが、なかなか効果が思うように得られないケースもあります。そんなときは、漬け物などの植物性乳酸菌の摂取が効果的です。もちろん、土佐の伝統茶「碁石茶」もおすすめです。便秘がちな人は、1日2~3回このお茶を飲むことで快便になります。

ところでお茶の葉を発酵させることのできる植物性乳酸菌も存在します。日本では高知県の碁石茶になります。発酵した茶葉がかたまりになって碁石のような形をしています。

碁石茶を作る際は、まずお茶の葉を蒸して、乳酸菌の存在する漬け汁といっしょに樽に入れて醗酵をさせます。つまり、お茶の葉が漬け物の状態になつているわけです。

碁石茶を飲んだとき、乳酸菌がつくり出した乳酸は腸内に届き、腸内を酸性に傾け、アルカリ性を好む腐敗菌が繁殖しにくくなる、つまり腸内細菌の状態がよくなることは考えられます。また、碁石茶の場合乳酸菌は死んでしまっているわけですが、一般論として乳酸菌には免疫賦清作用やガンを抑制する作用、アレルギーを抑える作用があり、それらの働きは死んだ乳酸菌体でも期待できます。その意味で、この碁石茶をはじめ、乳酸菌を利用した食品が数多くあることは、私たちが昔からその効果の恩恵にあずかってきたことの証拠かもしれません。

この碁石茶ですが、テレビの情報番組『はなまるマーケット』で紹介されたこともあり、健康情報雑誌などでも話題となりました。
毎日の健康・便秘やダイエット、そして花粉症にもオススメだということです。
碁石茶は、甘ずっぱい香り、独特の風味、そしてタンニンが少ないことが特徴です。
また、カフェインは緑茶の4分の1くらいなので子供が飲んでも問題ありません。
雑誌やメディアでも取り上げられ、注目されています。

碁石茶は、まるで漬け物のように漬け込んで発酵させた、乳酸発酵茶です。
碁石茶の製法は、茶摘み→蒸す→寝かす→漬け込む→切る→乾すという工程で、とても手間をかけて作られます。
むしろの中で好気性カビによって発酵させる寝かす作業と、漬け桶の中で嫌気性バクテリアによって発酵させる漬け込み作業の2段階の発酵がポイント。
この碁石茶のように完全発酵させたお茶は、日本ではとても珍しいそうです。
碁石茶がすっぱいのは、こうして発酵されているからなんですね。

酸味が気になるという人は、冷やして飲むと飲みやすくなります。また、お砂糖やハチミツを加えると、より飲みやすくなります。
1パック100gは、500mlペットボトルに例えると100本以上と、たっぷり飲めます。
からだが喜ぶ酸っぱいお茶で、毎日お通じスッキリ、便秘を解消しましょう。

 

日田天領水 食物繊維入りのお茶 (トクホ)

日田天領水 食物繊維入りのお茶は、トクホ(特定保健用食品)として認められたお茶。
トウモロコシを原料とした水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)が含まれているので、おなかの調子を整えます。

難消化性デキストリンには、水分を吸収して便のカサを増し、腸を活発にする働きがあります。
緑茶の苦味、ほうじ茶の香ばしさ、食物繊維のもつほのかな甘味の調和が取れたブレンドで、口あたりがやわらかくて飲みやすく、いろんな料理に合う味わいなので、食事と一緒に飲むことができます。

ホットでもアイスでもおいしく飲めます。
おいしいお茶でおなかの調子を整え、スッキリお通じを体感しましょう。

 ▼ 「日田天領水 食物繊維入りのお茶」300g缶×24本入り の詳細、購入はこちら。