停滞腸 改善 半身浴で冷えた腸を温める

停滞腸 改善 におすすめの対策方法は半身浴で冷えた腸を温めることです。腸を温めることで停滞腸を改善させるというものです。入浴にもお手本にしたい腸にいい方法というのがあります。それは半身浴です。半身浴の利点は、いろいろな立場の先生方が理論を展開していますが、腸の健康という観点から半身浴を解説したいと思います。停滞腸 症状 がある人は是非、半身浴を行って 停滞腸 改善 に役立ててほしいと思います。便秘外来でもこの半身浴を 停滞腸 改善 のためにすすめていることころがあります。

一般的な半身浴の効能はこちらです。

停滞腸 改善 半身浴

お風呂の入り方のひとつとして挙げられる半身浴は、肩までつかる全身浴と異なり、バスタブの中に座った状態で、みぞおち程度まで体をお湯につけて入浴する方法を指します。

停滞腸 改善 半身浴

停滞腸 改善 半身浴

温熱作用で体が温められると、体表面近くの血管が温められて広がり、血流がスムーズになります。血液は体を巡りながら、呼吸から取り込まれた酸素や食事から得た栄養分を細胞へと運び、そして不要な老廃物や疲労物質、二酸化炭素を細胞から回収しています。
血流が良くなると新陳代謝が活発になるので、疲れがとれやすく、体がすっきりしたように感じられます。

冷えは新陳代謝が悪く、血の巡りが滞っている状態で、痩せにくいだけでなく体のトラブルも起こりやすくなってしまいます。代謝を上げて冷えを防ぐことは、美容と健康の基本と考えていいと思います。新陳代謝の低下は、停滞腸の原因に直結していますので、温めることで代謝をアップさせることは 停滞腸 改善 に役立つということです。

停滞腸 改善 半身浴 腸 への効果

半身浴 は、ガスが腸に溜まった状態の停滞腸を改善する効用があります。停滞腸の特徴であるお腹の張りは、副交感神経がうまく働かずに交感神経が優位になっているときに起こります。
そこで対策としては血流をよくして自律神経のバランスを整え、腸を動かすことが大切です。それには半身浴は、まさに最適の入浴方法なのです。

普段、私たちの体重を支えているのは、全身に張り巡らされた筋肉です。お湯につかると、筋肉に代わってお湯の浮力が体重を支えてくれるため、全身浴の場合、50kgの体重の人ならば水中では5kgと、1/10程度の重さになります。筋肉は力を入れる必要がなくなるので、緊張がゆるみ、体は意識せずともリラックスします。リラックスすることで副交感神経優位になり、停滞腸の改善にも大きく貢献してくれるというわけです。

腸のためにいい半身浴のポイントは、お湯の温度です。副交感神経のはどよい刺激となる、体温よりも2~3度高めの38~41 度がおすすめです。入浴時間は、20〜30分。肩までしっかりつかるのが好みの方もいると思います。しかし半身浴は、腰までをしっかり温め、汗を出すというスタイルです。

半身浴を選ぶ最大のメリットは、「体に負担がかからない」点です。これまでご紹介した3つの作用はさまざまな効果を体にもたらしますが、体に負荷も与えてしまいます。浴槽につかりながらゆっくり読書をしたい、今夜はぐっすり寝たいなど、リラックスを目的に入浴したい人には、体を休めることができる半身浴がおすすめです。

熱いお湯での全身浴は、心肺機能にかかる負担も心配です。肩まで湯船につかる全身浴の場合は、水圧で皮膚や内臓、筋肉の血液がいっせいに心臓に戻ります。そして心臓が拡大して肺の容量が減り、心肺機能に負担がかかってしまうのです。

夏は暑いので湯船に入らない人もいますが、腸のためには毎日の半身浴は習慣にしていただきたいですね。また冬は、お湯から出ている上半身の部分が冷えてきますので、タオルをかけるなどの工夫をしてください。

水分補給を忘れない

長時間の入浴をする場合、入浴中にミネラルウォーターなどで水分の補給もしてください。入浴の前後に水分を摂ってもよいと思います。そして半身浴で温まった後には、マッサージもおすすめです。血行がよくなり、腸も温まっているので、停滞腸解消に利用しない手はありません。

温泉水99 効能 がとても日本人の体によい効果をもたらしてくれそうです。アルカリイオン水です。アルカリイオン水 には、胃もたれや胃痛の緩和など消化器官の不調、慢性の下痢や便秘の改善といった胃腸の不快な症状に対しての 効能 効果 があるといわれています。 アルカリイオン水 を飲むことで、多くの人が経験する消化不良や便秘を改善できる可能性に期待できるのです。

半身浴

リラックス効果を求める半身浴には、ぬるめの38℃から40℃程度の温度がおすすめです。ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、血圧は下がり、脈も落ち着き、心身ともにリラックスした状態になります。

また入浴時のアロマテラピーもおすすめ。アロマオイルを浴槽に3~5 滴たらしてみてください。腸への効果が報告されているのは、ペパーミントラベンダーローズマリー、タイム、カルダモン、ジンジャー、オレンジスイート、シナモンリーフなどです。香りは好みがありますので、自分の好きな香りをチョイスしてください。

お風呂に入る時間帯を腸のストレス解消時間にあてるとさまざまな不調が改善できます。半身浴を続けると停滞腸を改善でき、さらに体調だけでなく肌の調子がよくなります。

半身浴で副交感神経優位にする以外にもこんな方法もある

おきる時間を30分ほど早くして、ゆっくり朝食をとり、ゆっくり新聞に目を通し、ゆっくり歯をみがいてみましょう。余裕をもって1日をスタートしましょう。

1口30回ぐらい、よくかんで食べましょう。副交感神経を活性化するだけでなく、消化がよくなり、食欲が抑えられ、ダイエットにもなります。脳の刺激にもなります。

落ち着いて話せるだけでなく、説得力や信頼感もアップします。出だしをゆっくり話すと、話もわかりやすくなります。

肩の力を抜き、頭の中心が天につながっているような気もちで首を伸ばし、おへそから前に出るような気もちでゆっくりと歩きましょう。前を向いて、気道をまっすぐにしましょう。

ゆっくりと、ていねいに字を書くようにするだけで気もちが変わってきます。同様にものをとる、かばんを持つなどの日常の行動を“ゆっくり”を意識して行いましょう。

1日に30分、1週間に1日など、予定のないブランクの時間をつくりましょう。白紙の時間をつくることで仕事の振り返りやリセットができるため、気もちに余裕が生まれます。

腸にいいライフスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください