半身浴で停滞腸を撃退

入浴にもお手本にしたい腸にいい方法というのがあります。それは半身浴です。半身浴の利点は、いろいろな立場の先生方が理論を展開していますが、腸の健康という観点から半身浴を解説したいと思います。

一般的な半身浴の効能はこちらです。

半身浴は、ガスが腸に溜まった状態の停滞腸を改善する効用があります。停滞腸の特徴であるお腹の張りは、副交感神経がうまく働かずに交感神経が優位になっているときに起こります。そこで対策としては血流をよくして自律神経のバランスを整え、腸を動かすことが大切です。それには半身浴は、まさに最適の入浴方法なのです。

腸のためにいい半身浴のポイントは、お湯の温度です。副交感神経のはどよい刺激となる、体温よりも2~3度高めの38~41 度がおすすめです。入浴時間は、20〜30分。肩までしっかりつかるのが好みの方もいると思います。しかし半身浴は、腰までをしっかり温め、汗を出すというスタイルです。

熱いお湯での全身浴は、心肺機能にかかる負担も心配です。肩まで湯船につかる全身浴の場合は、水圧で皮膚や内臓、筋肉の血液がいっせいに心臓に戻ります。そして心臓が拡大して肺の容量が減り、心肺機能に負担がかかってしまうのです。

夏は暑いので湯船に入らない人もいますが、腸のためには毎日の半身浴は習慣にしていただきたいですね。また冬は、お湯から出ている上半身の部分が冷えてきますので、タオルをかけるなどの工夫をしてください。

長時間の入浴をする場合、入浴中にミネラルウォーターなどで水分の補給もしてください。入浴の前後に水分を摂ってもよいと思います。そして半身浴で温まった後には、マッサージもおすすめです。血行がよくなり、腸も温まっているので、停滞腸解消に利用しない手はありません。

また入浴時のアロマテラピーもおすすめ。アロマオイルを浴槽に3~5 滴たらしてみてください。腸への効果が報告されているのは、ペパーミントラベンダーローズマリー、タイム、カルダモン、ジンジャー、オレンジスイート、シナモンリーフなどです。香りは好みがありますので、自分の好きな香りをチョイスしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください