生きたまま腸に届くのが理想!死んだ菌でも乳酸菌は腸プラス

乳酸菌には動物性と植物性とがありまも植物性乳酸菌のほうが腸内環境をよくするはたらきが強力です。動物性乳酸菌でも役立っています。

乳酸菌は動物性と植物性の2種類

乳酸菌、腸の中で善玉菌のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えるはたらきがあるといわれます。乳酸菌には、ヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌と、みそ、しょうゆ、漬け物、酒などに含まれる植物性乳酸菌とがあります。
乳酸菌が腸にたどり着くまでには、強酸の胃の中を通らなければなりません。生育によい温度と、豊かな栄養に恵まれて育った動物性乳酸菌は、ほとんどが胃で死滅します。
しかし、低栄養でしかも塩分が多い苛酷な環境で育った植物性乳酸菌は、酸やアルカリ、温度変化などに強いため、生きて腸に到達しやすいといわれています。欧米人に比べて腸の長い日本人に適した乳酸菌ともいえます。
生きたまま腸に届いた乳酸菌はもちろんのこと、胃で死んだ死菌体も、腸のために役立ちます。

動物性乳酸菌の多い食品

ヨーグルト・チーズなどの乳製品に多い。乳酸菌は胃の中でほとんどが死滅し、死菌体として善玉菌の餌になる。

  • 長所…たんぱく質、カリウム、カルシウム、ビタミンなどが豊富で食塩の量が少ない。
  • 短所…動物脂肪が多く、高カロリーなので食べ過ぎると肥満の原因になる。

適正な食べる量は、ヨーグルトなら1日100~150ml、チーズは15~20g。低脂肪のヨーグルトやチーズを活用するのがよい。

植物性乳酸菌の多い食品

みそ、しょうゆ、漬け物、日本酒などに多い。生きたまま腸まで届きやすく、腸の環境整えるはたらきが強い。

  • 長所…動物性乳酸菌よりも腸内環境を改善する効果が高い、野菜、ブドウ糖を素材にしているので、食物繊維も一緒にとれる日本人の食生活になじみが深い。
  • 短所…食塩の含有量が多い食品に多く含まれる、60度以上に加熱すると死滅。

乳酸菌で整腸 | 100種類のサプリメントの効能と効果
https://more-supplement.info/use/archives/338

This entry was posted in 腸プラスの生活.