チコリコーヒー」タグアーカイブ

ノンカフェインのハーブコーヒーで便通を改善 妊婦さんにも

デトックスコーヒーで便秘を改善する

タンポポコーヒー、チコリコーヒーを知ってますか?
色や風味がコーヒーに似ていることからそう呼ばれていますが、実は根の部分を乾燥、焙煎してつくられたお茶なのです。
ノンカフェインコーヒーだから、コーヒーの好きな妊婦さんや授乳中のママ、夜眠れなくなりそうだから飲めない、という人も安心して飲めます。

ヨーロッパでは昔から肝臓の疾患や便秘の改善に効果があるとして飲まれていたそうで、タンポポやチコリの根を乾燥させて焙煎したハーブコーヒーで、尿の出が良くなったり、便秘を改善する働きがあります。
体内のデトックスに重要な、肝臓の働きを活発にしてくれます。
タンポポは西洋で植物療法に用いられ、水分の排出を増やしたり、肝臓からの胆汁の分泌を高める生薬として使われるそうです。
化学物質などの毒素は、おもに肝臓で代謝され尿や便と一緒に体の外へ排出されます。
肝臓を元気にして尿や便の出を良くするタンポポには、デトックスパワーをアップさせる効果が期待できます。

チコリは日本人にはあまり馴染みのない野菜ですが、昔コーヒー豆を手に入れられなかった人が、コーヒーの代用品として飲んだのが発祥のようです。
チコリの根には、水溶性食物繊維であるイヌリンが豊富に含まれます。
この根を乾燥・焙煎する過程で、イヌロオリゴ糖という物質に変化して腸内細菌を増やすので、便通を良くする働きが期待できます。