腸にいいライフスタイル」カテゴリーアーカイブ

腸 腹筋 のための必要な筋肉は腹筋

腸 腹筋 のために必要な筋肉は腹筋です。高齢者にとって筋肉の衰えは、歩行や生活に支障が出ます。それゆえに身体に負担のかからないような軽い運動やストレッチなどが推奨されているのは、周知のとおりです。

しかし闇雲に腹筋運動100回という目標などは立てないようにしてください。仰向けに寝て、上半身を少し起こしてお腹に力が入った状態で10秒ほど止める、という動作を毎日5~6回でも行えば十分です。腸のための筋肉はムキムキのボディービルダーような筋肉をつけては逆効果です。

腸のためにいい環境を作り出すのに必要な筋肉、鍛えたほうがいい筋肉とはどこなのか? という点がとても重要です。

腸 腹筋 を鍛える

腸 腹筋

腸 腹筋

腸に必要な筋肉、それはズバリ、腹筋です!もちろん運動自体は、腸を刺激し、排便を促すので、生活習慣としてはおすすめです。

しかし腸の健康を考えた場合は、腹筋の強化が最優先なのです。腹筋が大切な理由は、排便時には、腹筋を使っていきむ必要があるため、特に腹筋を維持する運動が腸寿には必要なのです。

しかし腸のための運動には、そのやり方があります。まずリラックスしながら行うことが、最大のポイントです。運動によって腸を刺激することも大切ですが、リラックスをして副交感神経を優位にしたはうが、排便を促すにしても効果的なのです。ですからジョギングやハードな筋力トレーニングのように高い負荷をかける運動はおすすめしません。

このような運動は、全身が緊張し、交感神経が優位になるため筋力はつきますが、腸寿のための筋肉にはなりにくい傾向があると思います。腸のための筋肉を考えた場合、腹筋が大切ですが、一方で姿勢に影響のある背筋を刺激することもポイントです。

また自分のペースで行うことも重要です。また筋肉を鍛えるという考え方ではなく、筋肉を維持するという意識のはうが大切かもしれません。ですから筋力トレーニングなどにこだわる必要はなく、ウォーキング、水泳や水中ウォーキング、ヨガストレッチなどを上手に取り入れるのもおすすめです。

また運動不足や加齢によって腹筋の中でも、身体の前面中央を縦に走る腹直筋が衰えやすくなります。その場合は腹筋運動が有効です。

しかし闇雲に腹筋運動100回という目標などは立てないようにしてください。仰向けに寝て、上半身を少し起こしてお腹に力が入った状態で10秒ほど止める、という動作を毎日5~6回でも行えば十分です。「そぞろ歩き」の項目でもおすすめしましたが、歩くことは、排便時に必要な腹筋、背筋の筋力低下を防ぐためにはおすすめです。

腸 腹筋 を鍛えるトレーニング  レッグレイズ

お腹まわりの筋肉 腸 筋肉 を鍛える自重筋トレ 「 レッグレイズ 」 。腹直筋下部を刺激します。道具や器具なしで自宅でも手軽に行えるエクササイズなので、トレーニング初心者や女性、高齢者にもおすすめですが、間違ったやり方で続けてしまうと、腹筋を鍛える効果が低下するだけでなく、腰や筋肉を痛める危険もあります。正しい方法で 腸 筋肉 を鍛えましょう。最初は無理をせずに少しずつ回数を増やすようにするといいでしょう。

腸 腹筋 レッグレイズ

腸 腹筋 レッグレイズ

インナーマッスルを鍛える 腸 腹筋 が必要です。

インナーマッスルを鍛えると良い理由は、
1.体幹が安定する(転びにくくなる・当たり負けしにくい)
2.姿勢が良くなる
3.競技力の向上
4.腰痛防止
5.ぜん動運動促進

と良いことばかりです。運動不足により低下してしまった腹筋力を回復させるにはおすすめです。更年期で代謝が落ちてお腹ぽっこりで悩んでいる場合にも解消にとてもおすすめです。
一言でインナーマッスルといってもその対象の筋肉は多くある。からだの中の深いところの筋肉だからインナーマッスルといわれているため、なかなか鍛える方法がわからない人も多いかもしれません。

数多いインナーマッスルの中でも重要な 「 腸 腰筋 」 という部位を鍛える方法について詳しく説明する。ぜひ参考にしていただき、体幹を安定させて軽快に日々の生活を過ごせるからだを手に入れてほしいと思います。

【トレーニングの回数】

15秒×3セット目安

レッグレイズ

レッグレイズは股関節の屈曲運動を行う、まさに腸 腹筋 のための筋トレです。腰に負荷がかかり過ぎないようにフォームをしっかり意識して行いましょう。レッグレイズは、足の重さに耐えながら腸腰筋を鍛えるトレーニングである。身体を左右に動かすと適切な負荷を与えられないため、お腹に力を入れて正しいフォームをキープしおきます。

1. 床に仰向けになる
2. 地面から足を浮かせる
3. 両手を床につけてバランスをとる
4. ゆっくり足を上げ3秒間キープする
5. ゆっくり元に戻す

【ポイント】
・足は地面につけない
・反動や勢いをつけずに行う
・自然な呼吸を心がける
・腰や股関節に痛みが生じる場合は中止
・腹筋の下あたりに力が入っているのを意識する

無理なく楽しく、毎日続けられることが、腸には何よりも必要なのです。

腸にいいライフスタイル

そぞろ歩きが腸にいい

そぞろ歩きとは、特に目的もなく、気の向くままにブラブラと歩き回ることです。日本人は、日々忙しい方が多いせいか、そぞろ歩きと聞いてもピンとこないかもしれません。

しかし地中海沿岸地域では、午後から夕方にかけては、すべての家事や仕事から解放された時間になります。その時間を家族や友人、恋人とおやつを食べながら、そぞろ歩きをする習慣があります。

地中海の有名なリゾートのひとつであるスペインのマヨルカ島を訪ねると、午後から夕方にかけて、子どもから大人までそぞろ歩きを楽しんでいる光景を目にしました。

またイタリアでは日が沈む頃に、若者からお年寄りまでが街中に楽しげに繰り出して、そのような時間を心から楽しんでいるそうです。そぞろ歩きは、運動としての効果もありますが、何よりも楽しんで、おしゃべりをしながら歩くというのがポイントです。日本でも健康のためにウォーキングを行っている人がたくさんいらっしやいます。歩くことによって全身の血流がスムーズになって、こりや冷えの改善、ダイエットなどにも効果があることは知られています。

また歩かないと腸の働きは停滞してしまいます。腸の健康の観点からもウォーキングはおすすめです。しかしウォーキングは「目標-1日1万歩!」などと歩数計の歩数を気にしながら、義務的に行っている方が多いような気がします。

血流というのは、自律神経とも密接に繋がっています。歩いて血流がスムーズになると、副交感神経が優位に働き、リラックスモードに切り替わります。このリラックスモードに切り替わるのがポイントのひとつなのですが、

目標-1日1万歩!」と集中力を使うのがいただけません。それにはそぞろ歩きの考え方を取り入れるとよいのではないかと思います。また、〝ひとりだからそぞろ歩きができない″ と嘆くことはありません。例えば自分の好きな曲を聴きながら歩く、ひとりでも周囲の風景を楽しみながら歩く、という楽しむ心がリラックスに繋がるのです。

また腸にとっては、やみくもに激しい運動で身体を動かすのはおすすめできません。なぜなら運動は交感神経を興奮させるため、自律神経のバランスが崩れて、逆効果になってしまう場合もあります。気楽なそぞろ歩きで、心も腸もごきげん! 腸のための新習慣にしたいですね。

停滞腸 改善 半身浴で冷えた腸を温める

停滞腸 改善 におすすめの対策方法は半身浴で冷えた腸を温めることです。腸を温めることで停滞腸を改善させるというものです。入浴にもお手本にしたい腸にいい方法というのがあります。それは半身浴です。半身浴の利点は、いろいろな立場の先生方が理論を展開していますが、腸の健康という観点から半身浴を解説したいと思います。停滞腸 症状 がある人は是非、半身浴を行って 停滞腸 改善 に役立ててほしいと思います。便秘外来でもこの半身浴を 停滞腸 改善 のためにすすめていることころがあります。

一般的な半身浴の効能はこちらです。

停滞腸 改善 半身浴

お風呂の入り方のひとつとして挙げられる半身浴は、肩までつかる全身浴と異なり、バスタブの中に座った状態で、みぞおち程度まで体をお湯につけて入浴する方法を指します。

停滞腸 改善 半身浴

停滞腸 改善 半身浴

温熱作用で体が温められると、体表面近くの血管が温められて広がり、血流がスムーズになります。血液は体を巡りながら、呼吸から取り込まれた酸素や食事から得た栄養分を細胞へと運び、そして不要な老廃物や疲労物質、二酸化炭素を細胞から回収しています。
血流が良くなると新陳代謝が活発になるので、疲れがとれやすく、体がすっきりしたように感じられます。

冷えは新陳代謝が悪く、血の巡りが滞っている状態で、痩せにくいだけでなく体のトラブルも起こりやすくなってしまいます。代謝を上げて冷えを防ぐことは、美容と健康の基本と考えていいと思います。新陳代謝の低下は、停滞腸の原因に直結していますので、温めることで代謝をアップさせることは 停滞腸 改善 に役立つということです。

停滞腸 改善 半身浴 腸 への効果

半身浴 は、ガスが腸に溜まった状態の停滞腸を改善する効用があります。停滞腸の特徴であるお腹の張りは、副交感神経がうまく働かずに交感神経が優位になっているときに起こります。
そこで対策としては血流をよくして自律神経のバランスを整え、腸を動かすことが大切です。それには半身浴は、まさに最適の入浴方法なのです。

普段、私たちの体重を支えているのは、全身に張り巡らされた筋肉です。お湯につかると、筋肉に代わってお湯の浮力が体重を支えてくれるため、全身浴の場合、50kgの体重の人ならば水中では5kgと、1/10程度の重さになります。筋肉は力を入れる必要がなくなるので、緊張がゆるみ、体は意識せずともリラックスします。リラックスすることで副交感神経優位になり、停滞腸の改善にも大きく貢献してくれるというわけです。

腸のためにいい半身浴のポイントは、お湯の温度です。副交感神経のはどよい刺激となる、体温よりも2~3度高めの38~41 度がおすすめです。入浴時間は、20〜30分。肩までしっかりつかるのが好みの方もいると思います。しかし半身浴は、腰までをしっかり温め、汗を出すというスタイルです。

半身浴を選ぶ最大のメリットは、「体に負担がかからない」点です。これまでご紹介した3つの作用はさまざまな効果を体にもたらしますが、体に負荷も与えてしまいます。浴槽につかりながらゆっくり読書をしたい、今夜はぐっすり寝たいなど、リラックスを目的に入浴したい人には、体を休めることができる半身浴がおすすめです。

熱いお湯での全身浴は、心肺機能にかかる負担も心配です。肩まで湯船につかる全身浴の場合は、水圧で皮膚や内臓、筋肉の血液がいっせいに心臓に戻ります。そして心臓が拡大して肺の容量が減り、心肺機能に負担がかかってしまうのです。

夏は暑いので湯船に入らない人もいますが、腸のためには毎日の半身浴は習慣にしていただきたいですね。また冬は、お湯から出ている上半身の部分が冷えてきますので、タオルをかけるなどの工夫をしてください。

水分補給を忘れない

長時間の入浴をする場合、入浴中にミネラルウォーターなどで水分の補給もしてください。入浴の前後に水分を摂ってもよいと思います。そして半身浴で温まった後には、マッサージもおすすめです。血行がよくなり、腸も温まっているので、停滞腸解消に利用しない手はありません。

温泉水99 効能 がとても日本人の体によい効果をもたらしてくれそうです。アルカリイオン水です。アルカリイオン水 には、胃もたれや胃痛の緩和など消化器官の不調、慢性の下痢や便秘の改善といった胃腸の不快な症状に対しての 効能 効果 があるといわれています。 アルカリイオン水 を飲むことで、多くの人が経験する消化不良や便秘を改善できる可能性に期待できるのです。

半身浴

リラックス効果を求める半身浴には、ぬるめの38℃から40℃程度の温度がおすすめです。ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、血圧は下がり、脈も落ち着き、心身ともにリラックスした状態になります。

また入浴時のアロマテラピーもおすすめ。アロマオイルを浴槽に3~5 滴たらしてみてください。腸への効果が報告されているのは、ペパーミントラベンダーローズマリー、タイム、カルダモン、ジンジャー、オレンジスイート、シナモンリーフなどです。香りは好みがありますので、自分の好きな香りをチョイスしてください。

お風呂に入る時間帯を腸のストレス解消時間にあてるとさまざまな不調が改善できます。半身浴を続けると停滞腸を改善でき、さらに体調だけでなく肌の調子がよくなります。

半身浴で副交感神経優位にする以外にもこんな方法もある

おきる時間を30分ほど早くして、ゆっくり朝食をとり、ゆっくり新聞に目を通し、ゆっくり歯をみがいてみましょう。余裕をもって1日をスタートしましょう。

1口30回ぐらい、よくかんで食べましょう。副交感神経を活性化するだけでなく、消化がよくなり、食欲が抑えられ、ダイエットにもなります。脳の刺激にもなります。

落ち着いて話せるだけでなく、説得力や信頼感もアップします。出だしをゆっくり話すと、話もわかりやすくなります。

肩の力を抜き、頭の中心が天につながっているような気もちで首を伸ばし、おへそから前に出るような気もちでゆっくりと歩きましょう。前を向いて、気道をまっすぐにしましょう。

ゆっくりと、ていねいに字を書くようにするだけで気もちが変わってきます。同様にものをとる、かばんを持つなどの日常の行動を“ゆっくり”を意識して行いましょう。

1日に30分、1週間に1日など、予定のないブランクの時間をつくりましょう。白紙の時間をつくることで仕事の振り返りやリセットができるため、気もちに余裕が生まれます。

腸にいいライフスタイル