病気の原因になる腸マイナス」カテゴリーアーカイブ

腸マイナス生活による 停滞腸 症状

腸マイナス生活による 停滞腸 症状 についてです。腸のはたらきが停滞する 「 停滞腸 」 についてです。

停滞腸になると、便秘、肌荒れ、体臭、おなかの張り、気分の落ち込みなどが出やすくなります。停滞腸の症状から改善方法までを紹介します。停滞腸は便秘が続くと陥りやすい症状ですが、腸の冷えが続く場合などの外的ストレスも原因になります。腸にストレスをかけない生活習慣がとても重要です。

停滞腸 症状 腸マイナスの生活が続くと停滞腸になる

停滞腸 症状

停滞腸 症状

現代人の生活は、腸マイナスの要素がいっぱい。そんな生活を続けていると、ストレス腸からさらに、腸のはたらきが低下してきて、完全に止まってしまうこともあります。
これが 「 停滞腸 」 です。

停滞腸になると便秘をしやすくなったり、おなかにガスがたまっておなかが張ったりしてきます。また、おなかの不快感が脳に伝わって、気分がうつうつとしてきたり、始終おなかを気にするようになります。当然、さまざまな症状もでてきます。

さらに、腸に老廃物が滞ってインドールやスカトール、アンモニアなどの有害物質が発生し、それが血液を介して全身に回っていきます。大腸がんなどを誘発する発がん物質、発がん促進物質、アンモニア、硫化水素、メタン、活性酸素などの有害物質も発生させます。便秘が大腸ガンリスクとなるのはこうした理由からです。日常的に便秘になりやすい体質の人は便秘解消、停滞腸解消に向けて努力しなければいけません。

停滞腸になると結果、頭痛、肩こり、疲れやすさ、だるさ、じんましん、口臭、体臭、肌荒れなどさまざまな症状が表れてきます。腸が有害物質に長期間さらされるとこうした症状がでるようになってしまいます。頑固な肌荒れに悩む人は停滞腸が原因かもしれません。

停滞腸 症状 は具体的には腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ。 便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多い。 おなかが張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こります。停滞腸 による症状がでてきた場合は、1日でも早く停滞腸を改善しなければいけません。

停滞腸 の症状 改善

停滞する便には鈍った腸のぜん動運動を改善して排便を促しましょう。また、便を押し出すには腹筋を使うので、適度な運動も大切です。

  • お腹のマッサージや腹筋運動、腹部をひねるストレッチなどを行い、腸に適度な刺激を与えましょう。日頃から運動不足の人は特に停滞腸に陥りやすくぽっこりお腹になりやすいので、時間をみつけて腹筋をするなど努力しなければ停滞腸がすすんでしまいます。
  • 就寝前の食事を避け、1日3回規則正しく食べて正しい腸の動きを促しましょう。よく噛んで食べることも大切です。
  • 腸のぜん動運動を促し、便を柔らかくするために、食物繊維が豊富な食品(不溶性の食物繊維が豊富なごぼう、キャベツ、水溶性の食物繊維の多い海藻、オクラなど)をバランスよく摂りましょう。ただし、食物繊維の摂りすぎはお腹のハリ・膨満感につながることもあるので、適度に摂取することが大切です。水溶性と不溶性の食物繊維を2:1の比率で摂ると非常に効果大です。イサゴールがおすすめです。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが2対1です。
  • ビフィズス菌や 乳酸菌オリゴ糖 を摂り、善玉菌を増やして腸内環境を整えることも大切。

下剤で強制的に便を出しても 停滞腸 改善 しない

「排便がなかったら、下剤で出せばいい」と思っている人は少なくありません。しかし、下剤で排便しても、停滞腸はよくなるどころか、むしろ悪くなるばかりです。下剤の中には長期間服用すると腸のはたらきに悪影響を及ぼすものもあるからです。

便が排泄されても、腸のはたらきが回復しなければ、全身の健康にかかわる新陳代謝などもよくなりません。こういった状態の時には全身の健康のためにも、「腸内リセット」がおすすめです。

停滞腸や便秘にならないように日常生活で注意をしているのにどうしても停滞腸の症状がでやすい人は、運動不足だったり、仕事や仕事の環境でストレスを抱えやすいのかもしれません。脳のストレスは腸にダイレクトに影響します。その場合、適度なストレス発散が腸によい影響を与えることも多々あるので気晴らしも必要です。

また、普段からお腹のハリや膨満感を強く感じる。そんなあなたは、規則正しい腸のぜん動運動が起こっていないのかもしれません。ぜん動運動とは、腸が収縮したり、ゆるんだり(弛緩)を繰り返して、便をスムーズに運ぶ動きのことです。うまく動かないと、便やガスが停滞し、腸内の圧力が高まってお腹のハリなどの症状につながることがあります。

腸の活動をよくするのは副交感神経

自律神経は、私たちの意志とは関係なくはたらき、臓器などのはたらきを調節する神経です。眠っている間も呼吸し、血圧や体温などが一定に保たれるのは、自律神経があるためです。自律神経には、「交感神経」「副交感神経」の2つがあります。
交感神経は昼間、活動しているときにおもにはたらき、体温や血圧を上げたり、心拍数を増やしたりします。

副交感神経は、夜寝ているときやリラックスしているときにおもにはたらき、体温や血圧を下げ、心拍数を減らします。胃や腸などの消化器は、おもに副交感神経にコントロールされています(副交感神経のはたらきが強くなると、嬬動運動などの腸のはたらきがよくなります。
逆に、ストレスなどによって交感神経のはたらきが強くなると、腸のはたらきが低下して、ストレス腸から停滞腸になってきます。

停滞腸 の症状 改善 を実行しても症状が改善しない場合は  乳酸菌 サプリ がおすすめです。

ヒトの腸内細菌はヒトにとって良いはたらきをする善玉菌と悪いはたらきをする悪玉菌、そのどちらでもない中間の菌に分類され、悪玉菌が殖えると腸のはたらきが鈍くなるとされています。

乳酸菌は乳酸を作ることで腸内を酸性にし、悪玉菌の繁殖を抑え、腸のはたらきを活発にしてくれます。

病気の原因になる腸マイナス

腸の状態(排便回数、便の色、形、硬さ)

腸は健康のバロメーターといわれ、便の状態をチェックして、あなたの腸の健康状態を毎日チェックすることが重要です。

排便回数

  1. 1日5回以上
  2. 1日3回(毎食後)
  3. 1日1~2回
  4. 2日に1度
  5. 2~3日に1度
  6. 1週間に1~2回
  7. 1週間に1回あるか

【解説】

  • 1は下痢傾向です。慢性的に続く場合は、胃腸科・消化器科を受診してください。
  • 2、3、4、5は正常です。ただし2~3 日に1度排便がある人でも、「おなかが張る」「下腹部が痛い」などの自覚症状があれば、便秘です。
  • 6、7は便秘傾向です。急に便秘になったときや、慢性的に続く場合は医療機関を受診してください

便の色

  1. 黄色
  2. 黄褐色
  3. 赤色
  4. 黒色

【解説】

  • 1、2正常です。
  • 3、肛門や大腸からの出血が疑われます。大腸がんの疑いもあるので、すくに診察を受けてください。
  • 食道・胃・十二指腸などからの出血が疑われます。胃・十二指腸潰瘍やがんなどの疑いがありますから、すくに診察を受けてください。

ちなみに食道がんの危険信号はこちら。

便の形や硬さ

  1. うさぎのように硬くてころころしていてでにくかったり出るときに痛みを伴う(兎糞状)
  2. 硬い便が集まったソーセージ状(塊便)
  3. 表面にひび割れがあるソーセージ状
  4. 平たくてソーセージ状あるいは蛇状(普通便)
  5. 柔らかく割れた面に鋭い小さな塊があり排便しやすい(軟便)
  6. ふわふわして形がはっきりしない(泥状便)

【解説】

  • 1、2便秘傾向です。便が腸にとどまる時間が長く、水分が吸収されて硬くなっています。水分をあまり取らなかったり、停滞腸のときに玄米などの不溶性食物繊維を取ったりしても、便が硬くなります。
  • 不溶性食物繊維というのは、かぼちゃ、キャベツ、豆類、穀類、ごぼう、じゃがいも、ほうれん草、干し柿などです。

  • 3、4、5、正常です。
  • 6、7下痢気味です。一過性の場合は体から異物を追い出す反応ですが、慢性的に続く場合は過敏性腸症候群などが考えられます。胃腸科・消化器科を受診してくください。
  • ch

日本人500万人が便秘で悩んでいる 便秘の原因 はさまざま

百人百様の生活があるように 便秘の原因 もさまざまで中には習慣で飲んでいる下剤のために便秘が悪化していることもあります。
便秘薬 どうしてもの時に使いたい 便秘解消 のための おくすり( 一覧 )

予備軍を含めると1000万人いると推定されている

現在便秘で悩む人は、日本中でおよそ500万人いるといわれています。しかし、潜在的には、約800万人から1000万人の人が、便秘に悩んでいると推定されます。特に、ダイエットなどで食事の量を減らしている若い女性と、腸のはたらきが低下した60歳以上の高齢者に多く見られます。

便秘の原因 自覚症状があれば2~3日に1回でも便秘

「便秘」とひとことで言っても、下剤を使わなければ便が出ない人もいれば、4~5日も便意がない人もいます。中には、2~3 日に1度は排便があるけれども、「おなかが張る」「下腹部が痛い」などの自覚症状がある人もいます。「お通じがあるから、便秘ではない」と思いがちですが、2~3 日に一度排便があっても、自覚症状がある場合は、「便秘」といえます。

急性タイプの 便秘 と慢性タイプの 便秘

旅行中に便秘になったけれど、帰ってきたら治ったという経験ののある人は多いでしょう。便秘には、旅行などの緊張感がストレスになって、一時的に排便が困難になる「急性の便秘」と、始終おなかが張る、腹痛がするなどの自覚症状を伴った「慢性の便秘」とがあります。

急性の便秘は、生活が元に戻ってストレスがなくなれば、改善します。しかし、慢性の便秘は、なかなか改善しないため、下剤を常用することになります。それが習慣化すると、腸のはたらきが衰えて、自力では排便できなくなることもあります。慢性の便秘の人には、病院での適切な治療が必要です。

ほかの病気が原因になっていることも

多くの便秘は朝食をとらない、トイレを我慢するなどの生活習慣が原因の「常習性便秘」です。
しかし、時には大腸がんなどの病気が原因で起こる「症候性便秘」もあります。
大腸がんの危険信号はこちら

便秘には5タイプある

「排便をがまんしているうちに便意がなくなった」「下剤を常用しているうちに、自力で排便できなくなった」「ダイエットで食事の量を減らしているうちに、便が出にくくなった」などと、便秘の原因はさまざまです。
私は便秘を、原因と、障害が起こっている部位別に、「小腸」「結腸」「直腸・肛門」「食事」「ストレス」の5つのタイプに分類しています。例えば、排便をがまんしているうちに便意がなくなってしまった人は、「直腸・肛門タイプ」、下剤の常用によって便秘が悪化している人は「結腸タイプ」です。

便秘の改善は「腸プラス」の生活習慣と適切な医師の治療

生活の中の腸マイナスの要素を、便秘になったら、下剤を使う前に、腸プラスにかえていきましょう。停滞した腸を回復させるために、適切な医師の治療で腸プラスのものにかえます。
腸内リセットは、下剤を使わなければ排便できないような重い便秘には、効果がありません。そういう場合は、早めに胃腸科・消化器科などの専門医を受診してください。急に便秘になったときは大腸がんが疑われますから、すぐに受診しましょう。

小腸タイプ
      • 手術後に腸管が癒着して起こる便秘
      • クローン病などの炎症性弛緩が原因で起こる便秘
      • 抗うつ薬の副作用によって起こる便秘
      • 手術後に腸管が癒着して起こる便秘
結腸タイプ
      • アントラキノン系などの下剤を長期服用したことが原因で起こる便秘
      • 加齢によって腸管機能が低下して起こる便秘
直腸・肛門タイプ
      • 排便を我慢しているうちに便意がなくなって起こる便秘
食事タイプ
      • 1日2食やダイエットなどで食事量が減ったり、偏食をしたりして起こる便秘
ストレスタイプ
      • 心理的ストレスが原因で起こる便秘
      • 月経前症候群の症状として起こる便秘
      • 消化の悪い食事や有害金属などの物理的ストレスが原因で起こる便秘

【memo】下剤によって便秘を悪化させるケースも

慢性便秘の人は、便意を感じなくなっていることがよくあります。そういう人は、しばしば腸管が黒褐色になっていることを発見します。
これは、大腸メラノーシスといって、腸管にメラニンのような色素沈着が起こって、大黄、センナ、アロエなどのアントラキノン系の下剤を長期間服用することで起こる症状です。このような下剤は、代謝の過程で腸管に色素沈着を起こすのです。
自覚症状はありませんが、色素が腸の神経に影響して、腸の運動を低下させます。アントラキノン系下剤は安全な下剤とされ、日本の下剤市場の約70%以上を占めています。たまに飲む程度ならそんなに心配はありませんが、長い間、常用していると、上記のようなタイプの便秘症状が起こります。

 

病気の原因になる腸マイナス